<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

あぁぁぁ〜

今日試作で作った消えもののシチュー。。。あぁぁ〜、びっくりしました。まずかったのです。 喉を通っていかない。こうネットリと、ぐらたんのように。。。せ、台詞が出ないぃ。 少しでも美味しくという、おも〜い、思いが、おも〜いシチューを生み出してしまいました。 芝居中の消えものって、思い切ってシンプルな味つけの方が負担にならず、いいのですね。

共演者のみなさん、ごめんなさい。命ばかりはとりません。 次回こそ、まともなシチューを! 撃沈した心を、唐沢寿明さんのへんな看板で癒しつつ、帰宅です。ちん
profile * 『おやすみ、枇杷の木』07 * 22:20 * - * -

初夏の雨と、箪笥と。

ついに、本番1ヵ月前を切りました。来月の今日は、既に千秋楽だなんて不思議な気持ちです・・。先週は、第1回の衣装合わせがありました。今回のお芝居は、ちょうど初夏の設定のため、今の季節と洋服が被ります。私服も衣装の候補となるために、今、吉田の箪笥の中はスカスカに・・トホホ。写真は、梅雨空の宝石、紫陽花の花。少しづつ色が変わる姿は雨の日の憂鬱を優しく癒してくれます・・。小夏
profile * 『おやすみ、枇杷の木』07 * 02:58 * - * -

日記って

日記って小学校の夏休みの宿題で書かされてた頃から書いた記憶がないから35年ぐらい書いてないなー。 今回の稽古場は女性が多い(男性は2名だけ)から男どもの私語が少ないすくない。ん?台詞も少ないか?まあ台詞は量じゃないしね!写真はゆかりさんが動員表を作るの図・・。 足立誠
profile * 『おやすみ、枇杷の木』07 * 02:25 * - * -

枇杷の思い出

とうとうブログデビューの山口ゆかりです。

稽古場日記を読んでいると、どんどん私も書きたくなってきていました。

カラオケに行って1曲目を歌いだすまでの感じに似てますね。

さて今日は、私のびわの思い出をひとつ・・・。

私の故郷はびわの産地です。故郷を離れてからずっと、毎年びわの季節になると「ゆかりはびわ好きやっけん」と言って、祖母からたくさんのびわが送られてきていました。そして「いっぺんに食べすぎんごとせんばよ、おなかこわすけんね。」「大事に食ぶっけん大丈夫よ。」という電話でのやりとりが私達の恒例行事になっていました。まあ、びわは好きなのですが、一番というわけではありません。それを知ってか知らずかとにかく毎年毎年送ってくれ、私もそれを楽しみにしていました。でも5年前に祖母がなくなってから、この私達の行事は終ってしまい、今ではスーパーに並ぶびわを見ては、故郷で私を想い、故郷のものを送り続けてくれた祖母の気持ちはどんなだったろうと、祖母と祖母との会話を思い出しています。

びわと言えばこんな思い出がひとつの私でしたが・・・、この「おやすみ、枇杷の木」でもうひとつ、今度はキラキラ輝く思い出ができることがとても嬉しいです!

過酷なタタキが終って、今日はほぼ1週間ぶりの稽古でした。明日は久々に全員が揃う日です。なんだかわくわくします。この稽古場の温かさが、戯曲の温かさに混じり合っていったら素敵だろうなあ。。

みなさん、ぜひ観に来てくださいね!!

写真は、作品タイトルそのまんま、夜中に眠る枇杷の木です。

* 『おやすみ、枇杷の木』07 * 23:58 * - * -

てぬぐい美人

本日は、久々のOFF。先週は舞台美術作り(通称、タタキ)でした。タタキをする場所は工房ですので、ゴミや行き交う材木から頭部を守る為に、何かを被る方がよいとされています・・。女優陣に多いのが、手ぬぐいスタイル。木屑から身を守る為、色とりどりの手ぬぐいと、マスクと眼鏡・・。さて、この二人も今回の出演者です。舞台上での変身ぶりをお楽しみに・・!小夏
profile * 『おやすみ、枇杷の木』07 * 18:26 * - * -

ラララ、タタキ

熊谷です。 毎日、叩いてます。 タタキ(舞台装置を作る作業のこと)が続いてます。 日本家屋をちょっと作っている最中です。 細かい作業が多い・・・。 写真はなぜか、90°回転したまんまです。 意外とPCに弱いので、修正出来なかったです。 ・・・うわ、情けね。

こちらは、私が作ったものです。 装置にしては小さいものですね。 果たして、これが舞台装置のどこに使われるのか、 本番を見て確かめて下さい・・・。
* 『おやすみ、枇杷の木』07 * 10:15 * - * -

天明留理子です。

俳優の天明留理子です。青☆組は今回が初参加です。
3日間のお休み明けの今日は、稽古シーンの関係で、3人のみの参加になり、ちょっと寂しいけど、とても濃い稽古でした!
台本をもらうと、家でセリフを覚えながら演技プランを考えていくわけですが、実際稽古してみると、演出家の指示、相手役の呼吸、思ってたのと違う小道具たち、etc..に振り回され、必ず変更を余儀なくされるわけなんですよね。でもそれによってどんどん別のもの生まれてくる瞬間がとってもおもしろい。今日は特にそんな瞬間がてんこもりでした。明日からタタキだ!がんばろー。

profile * 『おやすみ、枇杷の木』07 * 03:32 * - * -

渋谷にて

突然ですが、稽古場日誌をつける事になりました。ですが、今日は稽古がありません。そして、今、山の手線に乗りながら文章を考えているわけです。で、なにかを書こうと思っていますが、作家の小夏さんはあまりに関係の無い事は書かない様にと僕に釘をさしていたので、あまり無関係な内容を書く訳にもいかないのです。あ、はじめまして二反田です。今回はぶらぶらしている若者の役です。なのでなにか参考になるかと思い、朝のスクランブル交差点を写真に撮りました。街を歩いているといろいろな若者がいるわけです。いっぱいピアスを開けたお兄さんやほとんどはだかのお姉さん。渋谷ってすごいなと思います。稽古とは何の関係もありましたでした。でも、たまにじっと見ていると面白いなと思います。その面白さが作品に反映できる様がんばります。

profile * 『おやすみ、枇杷の木』07 * 05:58 * - * -

緑のある休日

5月中旬から始まった稽古も、よい感じであったまってきました!今日は、久々の稽古OFFです。 稽古がOFFとは言っても、やる事はたくさん・・。 そのせいか、稽古は楽しいのですが微妙に疲れが溜まっているのを実感・・。 今日は思い切って、休日としました。 おにぎりを持って、5駅離れた小さな植物園にお散歩・・6月が旬のローズガーデンを満喫しました。 散歩って、やっぱりよいですね。 本当に、さっぱりしました。 広場では、小さな子供を連れたお母さんが、シロツメクサをつんでいました。緑のある生活は、やっぱり大切★ 小夏
profile * 『おやすみ、枇杷の木』07 * 01:57 * - * -

はじめまして。

俳優の高橋智子です。
稽古場では、ともちんとかちんと呼ばれています。
小夏さんの作品は、『初雪の味』に続き、今回で2回目となります。

それでは、本日の稽古場日記であります。
さてさて、今日の稽古はヘンテコな世界でありました。
というのも、同じ役を三人の俳優が代役するという、相手役の私ににとっては、三色パン(うぐいす、あんこ、クリームと中身が違うパンが三つ連なったもの)をいただいている様な、一度どに三倍おいしい?!時間でした。。。お腹いっぱいです。

写真は、今探し中の小道具皿。ジャストサイズに今だ出会えず。

* 『おやすみ、枇杷の木』07 * 21:38 * - * -
このページの先頭へ