<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 海と恋文 | main | ゆく年、くる年、 >>

海辺からの手紙



宮崎から戻り、東京凱旋公演の幕があきました。
お陰様で、連日温かいダブルコールをいただいています。
作品が拍手をいただくたびに、『海の五線譜』という作品の故郷が、宮崎であることを想います。

宮崎がモチーフ、というと、タイトルの通り、海や、町や、空が、モデルになっているように感じられるかもしれませんが、今回の作品を創作する中で、私は、土地の思い出は、そこで出会った人々に尽きる、ということを噛みしめていました。

空も、海も、月も、
その時々で、私の横にいてくれた誰かとの、思い出の欠片です。

5年間の宮崎との交流の末に生まれたこの作品に取り組んだことで、私は、演劇の持っている豊かさや醍醐味を、そして演劇にしかなしえない贅沢さというものを、改めて知ることができたような気がしています。

ふたつの故郷に捧げたこの作品が、ご来場くださるあなたへの、ささやかな贈り物になることを願います。

心からおすすめできる新作となりました。

劇場の浜辺でお会いしましょう。
温かい潮風の中で、お待ちしています。

☆------------------------------------------------------
----
  青☆組 vol.21
『海の五線譜』 作・演出 吉田小夏
●宮崎公演 2015.11.28-29@メディキット県民文化センター
●東京公演 2015.12.5-14@アトリエ春風舎

●詳細はこちら
☆----------------------------------------------------------
profile * 小夏の呟き * 10:43 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ