<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 月とソーダ水 | main | 新春の花 >>

ありがとう、2014年。

みなさま、今年も本当にありがとうございました。

久方ぶりの、青色日記です。
そして、久方ぶりの著者近影であります。

気がつけば夏からすっかり下書きばかりが増えていました。
2015年は、初心に戻り、こちらの日記を、少しづつでも更新してゆければと思っております。

走り抜けた2014年。
濃密な一年でありました。
ふりかえりたいことはたくさんあるけれど、きちんと長い言葉にするのは来年へのお土産ということにして、せっかくの大晦日、ひと月ごとを、駆け足ながらふりかえってみたいと思います。

●1月
年が明けてすぐに、青☆組vol.19『人魚の夜』で始まった一年でした。
初出演の方も多く、自分にとって様々な角度で勉強になった企画でした。本当に多くの方に支えていただいて幕の開いた作品でした。
深く感謝。

●2月
岐阜県多治見市での”ことばの劇場”演劇ワークショップ、海城中学での演劇ワークショップ、と連続でワークショップが続く冬でした。
素敵な市民の方々や、学生さん達と出会えて幸せでした。
多治見、海城、共に2015年もワークショップをさせていただきます。ご縁に感謝。

●3月
夏に向けてゴリゴリと制作作業をしたり、山積みの資料と格闘しながらプロットを書いたり、ここぞとばかりに続けて芝居を観たり、なんだか稽古期間以上にとバタバタとした春先でした。
On7のアフタートークに出演し、7人の女優陣と久々の再開、という喜びもありました。

●4月
戯曲やプロット用の取材旅行をしたり、名古屋でうりんこ公演の為のプレワークショップをしたり、たくさん歩き回った4月。
チラシや戯曲やプロットの締め切りがいくつも続きめまぐるしい中で、妹と見た満開の桜が忘れられません。

●5月
『星の結び目』のプレ稽古がスタート!顔あわせから本当にわくわくが止まりませんでした。色々な締め切りも被って大変な時期もあったけど、希望を忘れずに進んだ新緑の季節。

●6月
コツコツと公演の稽古をした6月。
打ち合わせと取材と稽古の記憶しかないけど、それもまた今思えば幸福です。
役者さん達の日々の変化も刺激的で面白かった。

●7月
『星の結び目』本番。
吉祥寺シアターでの初公演。幸せでした。
中旬以降は、ENBUゼミのワークショップ講座の講師でENBUに通う日々でした。
青☆組でも上演した、『燈籠』と『幸福の王子』のドラマリーディングを学生と創り上げ、発表会で上演しました。チャーミングな生徒達と出会えて嬉しかった。

●8月
執筆の難航で幕をあけた8月(汗)
中旬は、豊橋はPLAT、『穂の国の転校生』の夏休みWSに、アシスタントとして参加。
女子高生達との出会いと、自分の原点に再会できた幸運。秋の本番も拝見し、素晴らしい体験になりました。
後半は、世田谷パブリックシアターで、小学生達との夏休み演劇ワークショップ。
暑い夏の最後、子供達と向き合えて最高に楽しかった。
バンダラコンチャン『御ゑん祭り』の稽古もスタート!
小学生ワークショップとバンダラコンチャンの稽古を、れいちぇると一緒にはしごしたのも良い思い出。
オーディオドラマのデビュー作、NHK-FMの『カラーライフ』も再放送されました。

●9月
コツコツと、バンダラコンチャンの稽古の日々。
そして、高校演劇コンクール地区大会の審査員。
今年もたくさんの力作に出会い、感動とエネルギーをいただきました。

●10月
バンダラコンチャン『御ゑん祭』本番!
近藤芳正さんの懐をかりてのお祭り。
閉館前に、青山円形劇場で劇団員総出演で作品を上演できたこと、心から幸せでした。
個人的には、自身の初舞台の場所での密やかな卒業式でもありました。
水戸芸術館での『御ゑん祭』旅公演も、素晴らしい体験でした。
水戸芸術館ACM劇場での上演は、またぜひ青☆組でも挑戦したいです。

●11月
富山県で、高校演劇コンクール富山県大会の審査員。
継続して関わらせていただいたことで、生徒さん達の成長をつぶさに感じ高校演劇への興味も一層増しました。
そして、うりんこクリスマス公演に向けて、名古屋滞在の日々がスタート。
もはや、マンスリーマンション暮らしも、ビジネスホテル暮らしもお手の物になっている自分に驚き。
NHK-FMで脚本を担当した『クリスマス・キャロル』の再放送があったのも幸せな思い出。
今度もどんどんオーディオドラマに挑戦してゆきたいと、心新たになりました。

●12月
今年最後の作品『のぼるはがんばる』上演。
クリスマスに劇場で大人と子供両方に贈る作品を上演する喜びを噛み締めました。
私は、うりんこのクリスマス公演が大好き。
二度目のクリスマス公演、二度目のうりんこでプレッシャーが無かったといえば嘘になりますが、新しく出会ったチームの俳優陣の献身的な努力と、スタッフさんや劇団さんの素晴らしい力添えで、良い初演を迎えることができました。
『のぼるはがんばる』は、2015年夏の再演が決まっています。

そして、年末、個人的に素晴らしい再開と最高に幸せな祝福の瞬間に立会い、あっという間に大晦日。

こうしてふりかえると、幸せがたくさん。
感謝、の一言につきます。
だけど、自分の両手の小ささで零れ落ちそうになるものも多く、今年は本当にたくさんの方にご迷惑もおかけしました。たくさんの方の手に支えていただいて、走り続けることのできた一年でした。
恩返しできる自分になれるよう、精進したいと思います。

来年は、自分の両手をしっかりと見つめ、足元を固めたいと思います。
羊にあやかり、草を食むようにじっくりのんびりと、そして、未来を見据えて虎視眈々と、すごしたいと思います。

みなさま、温かい夜をお過ごしください。
どうかよいお年を。


.......................................................................
ワークショップ情報
『みんなでつくる、町の劇』
2015.1.10-2.1 (土・日のみ、週2日/全6回)
13:00-18:00
@まなびパーク
講師:吉田小夏
アシスタント:大西玲子
岐阜県多治見市の方はもちろん他の地域の方も大歓迎!
経験不問、参加者募集中です★
.........................................................................
profile * 小夏の呟き * 21:41 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ