<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 他人事 | main | 目を閉じて春を思う >>

花とネズミ

いつも窓辺に置く花は、切花を選んで飾っていたのだけれど、ふと思い立って、切花ではなく鉢植えの花を買ってみた。

春も近いので、これもまたよしと思う。
枯らさぬように、しっかりと水をやろう。
白いミニ薔薇と、深紅のヴィオラ。

朝日があたると、美しい。

部屋の中に、自分以外の命があるのは、とてもいい。
ひとり暮らす身には、これはひどく大切なことのように思う。

同居人の白いネズミは、胎児のように丸まって静かに眠っている。
夢をみながら、微かにひげを震わせている。
花もネズミも、物言わずそこにただ居てくれることがありがたい。

耳に届かなくても、たしかに鼓動を感じる距離。
植物や小さな動物には、そんなぬくもりがある。


profile * 小夏の呟き * 14:51 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ