<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ある日のスムージー | main | 朝焼けの色 >>

ごみ箱と宝石

わたしの部屋に、注文していた真新しいごみ箱が届きました。

台所での分別作業に限界を感じて、ついに手に入れたもの。
ごみ箱にお金をかけるのもなんだかな・・、と思っていたけれど、
思い切って機能的なごみ箱に模様替えしたら、これがとても良かった。

飾ることよりも、増やすことよりも、捨てることの大切さ。
スマートに簡潔に捨てられる方が、ずっと美しさにつながるのですね。

そして、捨てやすい環境を作ることの効能。
かみしめました。

わたしも、引き算を好む年齢になりました。
捨てることのできる女に、なります。

どんどん手放してゆきたいと願います。
よぶんなことば、にもつ、おようふく、しゅうちゃく、くされえん、あまくこげついたおもいで、
潔く捨てて、手放して、空っぽに近づきたい。

そうして

本当の本当の宝石だけが、この手の中に残ればいい。


profile * 小夏の呟き * 04:33 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ