<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひょっとこ乱舞『うれしい悲鳴』を観た | main | ちいさい春 >>

花の蕾も綻んで

なんだか目まぐるしい3月を過ごしております。
いくつもの作品に関わるチャンスをいただきながら、ホームグラウンドの青☆組では4月公演の準備が粛々と進んでおります。

今週末25日は、世田谷のシアタートラムで『地域の物語』発表会公演。
(残席僅かのようです。ご希望の方はお早めにお問い合わせを!)

そして、青☆組4月公演『青色文庫-其壱、吉田小夏の筆跡-』は、4月7日から。

青色文庫は、リーディング企画なのですが、稽古を重ねるたびに、リーディングという制約ならではの演出ができることが、今はもう面白くてしかたありません。

稽古場で、次々にキラキラとアイディアが沸いてくる。直感のアンテナがくるくる動く。
それを素早くキャッチして、どんどん表現してみせる俳優達・・。
もちろん、時にはじっと立ち止まってじっくり迷うこともあるし、それも大切なことなのですが・・。

どんどんアイディアが沸いてくるのも、それを試せるのも、信頼できる俳優達と稽古をしているおかげだということは言うまでもありません。
東澤有香ちゃん、小栗剛君、という初参加のふたりの風を入れながら、劇団員をはじめとする青☆組常連メンバーと重ねてきた月日を、作品の年表と重ねてふりかえらずにはいられません。
重ねた月日の分だけ、強度のある何かを共有しているという実感。

選りすぐりの俳優達の素敵な声を堪能しながら、目まぐるしくも幸せな日々をすごしております。
春のひと時、ぜひ、劇場とは一味違う演劇時間を古民家でゆるりと過ごしてみませんか?

.................................................
青☆組リーディング企画
『青色文庫-其壱、吉田小夏の筆跡-』
2012年4月7日(土)〜14日(土)
@古民家ギャラリー ゆうど(目白)
作・演出 吉田小夏

.................................................
profile * 小夏の呟き * 04:32 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ