<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 地域の物語ワークショップ 参加者募集 | main | クリスマスを待ちながら >>

冬の黄色

うりんこ劇場クリスマス公演に向けて、名古屋に来ています。
これから12月の年末までこちらに滞在し、『クリスマストイボックス』という作品を作り、本番を迎える為です。

マンスリーマンションの室内も、ようやく生活感が出て落ち着いてきました。
いつもと違う町での芝居作りを楽しんでいます。
親子で見てもらうお芝居なので、普段の青☆組ではなかなか見られないようなシーンもあり、歌もあり、という感じで、新しい挑戦も多々ありますが、作る姿勢は、青☆組の新作本公演と同じように、を心がけています。

子供達の反応は、私よりも長年児童演劇の舞台に立っている役者さんたちの方がずっとずっと知っていますから、迷ったら素直に相談しながら、そして、小夏ワールドを積み上げる部分は一歩づつ丁寧に、という風に紡ぐように稽古しています。
俳優が変わっても、お客様が変わっても、そこに柔軟に寄り添いながらも、ある種の世界観を維持する事が、または、維持できる事が、名前を看板に仕事をすることなのだと、感じています。

うりんこ劇場は、公演のできる小劇場スペースの他に事務所や稽古場もあり、素晴らしい環境です。
そして、俳優さん達も、スタッフさん達も、明るくて仕事が本当に早いです・・。
劇場の事務所に、どなたからの差し入れなのか、蜜柑や柚子がたくさん届いていました。
こんなところに、ホッとした気持ちになります。
なんだかちょっとアゴラ劇場を思い出すようなアットホーム感です。

もらっていいんだよー、と女優さんが言ってくれたので、お言葉に甘えて冬の柑橘類のおすそわけをいただきました。
冬の黄色や橙色は、寒い空の色を明るくしてくれる。
柚子をお風呂に入れたら、明るい黄色に浴槽がパッと華やいで、
湯気と一緒にとてもよい香りが立ちのぼりました。

秋は、時間堂の作品と、うりんこの作品、立て続けに戯曲を書いて、ちょっと体力が落ちていたけど、この静かな環境の中で、しっかりクリスマス公演の作品作りに集中しながら、体のコンディションを整えて、少しづつ小説の執筆も進めてゆきたいと思います。

各戯曲のお話については、また新ためて。

どちらも、チケット発売中です!
ぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★うりんこ劇場 クリスマス公演 『クリスマス トイ ボックス』
作・演出 吉田小夏(青☆組)
2011年12月22日〜27日
@うりんこ劇場(名古屋)
*公演詳細&ご予約はこちらから

★時間堂 『星の結び目』
劇作・吉田小夏(青☆組)
演出・黒澤世莉(時間堂)
2011年12月22日〜2012年1月2日
@こまばアゴラ劇場
*ご予約は【こちらから
*公演詳細はこちらから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
profile * うりんこの日々 * 00:34 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ