<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おうちごはん | main | 祈りと、朝。 >>

甘い朝食

 201103071130000.jpgご飯を食べ、新作の妄想を膨らませ、もろもろの企画の準備や後始末をし、ここぞとばかりにかなりのハイペースで歯医者に通う・・。
そんな日々を過ごしています。

私の住んでいる部屋は、朝の光が綺麗。
といっても、夜型なので見逃す日も多々あるのですが・・。
今朝は、朝の光を一際まぶしく感じました。
窓をあけたら、雪でした。
雪の朝は、しんと静かで心もしんとします。

冬は、本当は寒い季節ではない、と友達のお父さんが昔言ってたことを思い出しました。
お友達のお父さんは小説家で、そのことを知ったとき、へぇ、本当にそんな職業があるものなんだな、とドキドキしたのを覚えています。
今となっては、自分がモノを書くことを生業にしようとしているわけで、なんとも不思議な気持ちです。

お湯を沸かして、お茶をいれて、お土産にいただいた甘いドーナツを食べました。
朝の甘いものは、夜中の甘いものよりも、幸福だと思う。

幸福、と書くと、幸福な気持ちになる。
だからみんな、もっと愛を口にしたらいいと思う。
悲しい言葉とか嘆きじゃなくて。

ところでまてよ、この朝食の幸福な糖分によって、めぐりめぐって私は歯医者に行っているのか?
と、一瞬はっとなった朝でした。
profile * 小夏の呟き * 01:17 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ