<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一輪の花 | main | 甘い朝食 >>

おうちごはん

201103021316000.jpg 春が近付いているのがわかる。
新しい喜びと、新しい悲しみが、交互に波打つみたいに訪れているから。

だけど、おしなべて私は元気だ。そして、最後に残るのは喜びだと信じることができる。
健康でいたい。
そして、それを堂々と誇れる人でいたい。

2月は、いっぱい笑っていっぱい泣いた。
強いハートで過ごしたいから、3月はごはんと笑顔を一層大切にしようと思う。
次の企画の準備や執筆が中心の日々に入り、最近、おうちでごはんを食べられる日が増えた。
そうなると、自然と新しいメニューを作りたくなってくる。
スーパーマーケットにゆくと、野菜も、冬から春のものに少しづつ変化していてわくわくする。
最近はモツに凝っていて、先日は牛スジでビーフシチューを作った。
自宅作業が増えると、時間がかかるけどほっておけるような弱火の煮込み料理に、ここぞとばかりに走る傾向があるのだけど、なんだかんだ言っても、家事は頭の中を換気するのに、ぴったりの作業だと思っている。

写真は、こないだ考えた新メニュー。鳥モツと、ニラと、えのき茸の、甘辛煮。
新鮮な鳥のレバーとハツを、たっぷりのニラと一緒に(えのきは無くても大丈夫)調味料でさっと煮るだけの簡単メニュー。
鳥モツを一口大にキリ、余分な血合いを流水で丁寧にとっておけば、あとは小さめのフライパンや小鍋で、醤油と酒を大匙2づつ、みりん大匙1、の割合で適量煮立てておけばいい。
まず鍋にモツを、鳥モツが少し白っぽくなったら野菜、の順で絡めながら煮るだけで出来上がり。 お好みで、最後にラー油をひとたらしするとピリ辛かつ味わい深い。

この日は、好物のアボカドとトマトのサラダと一緒にいただいた。
濃厚で美味で白いご飯によくあうおかずができました。
皆様もぜひおためしあれ。
ご飯に添えているのは、蕪の葉の浅漬け。
ちょっと野沢菜みたいな味と歯ごたえで、青菜ご飯のおにぎりにしてもさっぱりとして美味しい。

おうちごはん、おいしゅうございました。
ご馳走さまでした。
明日も、がんばります。

・・読み返してみたら、小学生の日記みたいな文でちょっとどうかと思ったが、日々のごはんを美味しくいただいているだけで人生まるもうけなので、まぁ、自分を許してやることにする。
profile * お料理&ごはん * 03:03 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ