<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大淀川と海 | main | いつもと変わらない朝のフリをして >>

たべもの備忘録

ついに、宮崎から戻ってまいりました。
正確には、戻って数日たっているのですが、その間名古屋に出張してみたりバタバタと色々ありまして、やっと一息ついたところ。
ホテルのベッドではなく、お家のお布団でちゃんと眠れる日々にやっと戻ってきました。ふぅ・・。

というわけで、宮崎の備忘録を少し。
その土地の水が自分にあうかどうかというのは、人と食べ物が大きいと思うのですが、人の心地良さにも驚きましたが、前評判通り食べ物がやたらおいしかったです。

一枚目のお写真は、BLTサンドイッチなんですが、なんとBLTサンドなのにソースにタルタルがたっぷり入ってました!
右のお写真とBLTサンドイッチは、どちらも宮崎観光ホテルのベーカリーのパン。カツサンドは、地元のブランドポーク★
どのパンもおいしくて、宿の近所だったこともありよく買いに行ってました。

宮崎はタルタルソース文化が浸透していて、名古屋なら八丁味噌、宮崎ならタルタルってぐらいの頻度で出会えます。
「タルタル文化の始まりは、有名なチキン南蛮ではないか?」という説をこふく劇場のあべゆうちゃんから聞いたのですが、BLTサンドに入ってたのはさすがにびっくりしました。

こちらが、そのチキン南蛮。
定食でも食べたし、スーパーのお惣菜でも食べたけど、はずれることがなくておいしかったな。
このお写真のは、タルタルが手作り感満載で優しいお味でありました。
お醤油が少し甘めなのですが、基本的に野菜の味も濃いし、お肉の味もしっかりしてる。お水がよいのか白いご飯もやたらおいしかった。
何食べてもたいていおいしいって、なんて幸せなことなんだろうと思いました。
ほんと、食については、全然外れたことがなかったなぁ。

釜揚げうどんも有名ということで、うどんも何度かいただきましたが確かに美味でありました。特に美味だったのは、青島に行った時に食した「岩見」さんの釜揚げうどん。
向かって左側のお写真です。

どうやら、腰の強い目の讃岐系のと、柔らかい優しい感じのがあるのですが、こちらはもちもちした腰の強い系でした。
釜揚げうどんのつけ汁が、独特で、甘さもあるけど出汁とか薬味がしっかり効いてて本当においしいんです。
一緒に頼んだ鯖寿司も、なんと〆サバでなく生サバで作っていて新鮮でとても美味でした。 釜揚げうどんは、宮崎市内でも食べました。右側のお写真。
「戸隠」というところで、随分古くからあるらしく店内の様子もクラシックで懐かしい感じ。 おうどんは、少し柔らかい優しい感じだったけど、つけ汁が柚子の香りが効いていて、なんとも香しく優しい味でした。美味しかったです。

宮崎入り後の緊張がまだ解けなくて、少々胃が疲れてきてた時でしたので、この時の優しい味の釜揚げうどんランチは、久々に肩の力が抜けてホッとした気持ちになり、随分救われたものでありました。
ちなみに写真に写りこんでいるのは、ひとりで昼食を食べる私を不憫に思って、お昼御飯に同席してくださった心優しい地元の方(?!)です。感謝。

その土地の水が自分にあうかどうかというのは、人と食べ物からと書きましたが、本当にたくさんの人に親切にしていただきました。
そのひとつひとつの親切や優しさ笑顔、おいしいさと同じくらい、ずっと忘れないと思うのです。心の中で、なんどもありがとうと呟いた日々でした。

うどんと言えば、6月に初めて宮崎の地を踏んだ時の最初のお昼ご飯も「山椒茶屋」ってお店の肉うどんだった。
空港に迎えに来てくれた永山さんが連れてってくれたんだよなぁ・・。
すごく美味しくって、一気に元気になったのを覚えています。
「山椒茶屋」には、思い出にもう一度行きたかったなぁ。
ちょっと心残り。またいつか、のお楽しみにしておこう。

総括。
食事って本当に大切。
あと、おいしいと幸せはたいてい隣り合わせ。

どれもこれも美味しかったです。
ご馳走様でした。
profile * 宮崎の日々 * 04:40 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

おいしいと幸せは隣り合わせ。そのとおりですね。何だか宮崎に旅行したくなりました。
Comment by テンタ @ 2010/11/08 7:05 AM
テンタさん>
ぜひ宮崎に旅行に行ってみてください★
市内でさえ温泉に入れるんですよー。
おいしいものがあるのは保障します(^−^)b
あーあ、私も早くまた行きたいです・・。
Comment by 小夏 @ 2010/11/08 3:21 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ