<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雨上がりの蝶 | main | ある朝 >>

秋のハイビスカス

今日の昼間は、稽古準備の休憩中に宿の近所の河原を散歩してみました。
曇天ではあったけど、河原は広々して気持ちよかった・・。
10月なのにハイビスカスが咲いていました。
河原に植えられた、ハイビスカスもソテツもブーゲンビリアも、対岸に植えられたやしの木も、全部南国イメージの造園なのだなぁ。
私は、以前「国際女性演劇人会議」で訪れたインドネシアのことなどをふと思い出してしまって、とても不思議な気持ちになりました。
・・って、もう4年も前のことなんだな。
インドネシアのジャカルタとバリで触れた舞台の数々は本当に今も鮮烈に脳裏に残っている。
そして、今回の宮崎・・。思いのほか、ブーゲンビリアの花に縁のある私です。

宿付近の街角には、さりげなく彫刻などもあって、市役所の方(出演者)のお話では、それらの彫刻はちょっとシンガポールをイメージした街角デザインとのこと。面白い。

稽古も、がっつりとやっております。
残された時間と戦いながら、皆でひとつひとつ真摯にシーンを立ち上げています。
私の稽古も、残すところあと3日・・早い・・。
25日には、パスカルの稽古が始まるのです。
せっかく宮崎にいるのですから、本当は野生の馬をみたり、海をみたりもしてみたかったけど、この調子ではそれも難しいかな。
毎日があっという間です。
でも、芝居を作っているのでそれが何よりのハッピー。
それに、東京を離れると、演劇以外の雑務がよい塩梅に出来なくなるので、むしろ健康かもしれません。(笑)
ちょっと"おやつ"や"お食事"を食べすぎなことの他は(だっておいしいの)、すこぶる元気な私です。

九州の皆様、そして東京の皆様も、いいえ、全国の皆様、ぜひ、観劇がてら宮崎に遊びに来てください★
いやいや、本当に。

世界が一期一会するこの舞台を、あなたに。



--------------------------------------------------
『世界は踊る〜ちいさな経済のものがたり〜』
2010年10月30日−31日
@メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)
ご来場、心よりお待ちしています☆
--------------------------------------------------
profile * 宮崎の日々 * 00:58 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ