<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 太陽をほおばる | main | 祈りの森 >>

透きとおる夕空

宮崎でのワークショップ、1日目、無事に終了しました。
今回は、6月に落とし込んだ課題を2日間に分けてじっくり復習。
ゆっくり時間をかけて、日常の動作のムーブメントをやってみました。
いくつかテーマを作ったりしてみたんだけど「宮崎っぽい日常動作」という一見無茶振りなお題が面白かった(笑)。
ピーマンを収穫したり、大根干し(切干)の動作です、とか日向夏みかんを切ってるとこです、とか、私は一発ではわからなかったけど、地元の皆さんはすぐに当てていました!
まだまだ宮崎初心者の小夏です。

肉体が、何かを習得するのにはやはりそれなりの時間がかかる、というのは当然なのですが、普段俳優をしていないメンバーが多いので、ますますそれを実感。
結局ね、人間の鼓動の速さは太古からそう変わってないわけで。
スピードばかりを美徳にするのは違うんだよな、やっぱり、と今日も実感。

ワークショップを終えて、劇場の駐車場に出たら、限りなく透明な夕空が待っていた。
ここは、空が広いです。
市内にいても、森の匂いがする。
肺の中と、心ん中、清潔になる気がする。
新宿や渋谷に帰る前に、沢山深呼吸しておこう。

夜は、懇親会をしていただきました。
フツーの居酒屋がいちいちおいしいのです、宮崎。
地元の演劇界の面白いお話などを聞いて、イマジネーションが刺激された夜でした。

---------------------------------------------
青年団リンク 青☆組vol.13
『忘却曲線』作・演出 吉田小夏
2010年9月6日-12日@アトリエ春風舎
◆ご予約はこちらから・・
『観たい!』の応援コメントはこちらから。
皆様のご来場、心よりお待ちしています。
---------------------------------------------
profile * 宮崎の日々 * 01:12 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ