<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ごはんのススメ | main | そんな夜もある >>

その顔が好きだ

先日顔合わせの際に、「小夏さんはどんな人がタイプですか?」って言う質問が出た。
飲み会にありがちな話題なんだけど、そう言えば、そんな時どう答えてたっけ?と上手く思い出せないまま、つきあいの長いシロー君に「小夏さんは狐目が好きです。」とか、大ざっぱな事言われてしまったのだった。
「違うよ、シロー君、切れ長だよ。狐目ってやめてよ(笑)」などと細かいところに突っ込んでみた。

確かに、容姿だけで考えると、比較的好みに傾向があって、鼻筋の通ったのが好きです、とか、切れ長の目がいいと思います、とか、細面がいいです、とか、色々言ってみたりするんだけど、今まで一番クラッと来た顔は誰?ってなると、実はトータス松本様である、ということを思い出したのでした。

でも、顔の好みってなんでしょう?と思う。
顔の好みってなんでしょう?声の好みってなんでしょう?
体の好みは、割とフレキシブル。それは私が女性だからかもしれないけれど。
背が高くても低くても、ガリガリでもガチムチでもそこまで気にならない。

でも、顔と声の好みは、どうも私の中のDNAが反応している気がしてならないのだ。
人は、最終的に見慣れたものに惹かれるという傾向があるらしい。
つまりの自分の両親や兄弟に似た顔に無意識に惹かれがちという説がある。
なるほど、確かに、自分の父親も祖父も丸顔ではないし鼻筋は通っていた。
無精髭に弱いのも、父親が髭が濃いめだったので、それを見慣れてただけかもしれない。
少年みたいな高音の声が妙に苦手なのも、両親共に声が低めだったからかもしれない。

そんな風に、脳科学的に考えてゆくと、結局、お前はファザコンかい、という結論になるわけだが、うちの父とトータス松本様は当然似ても似つかないわけで・・。
でもやっぱり、好きな人や、好きだと思ったことのある男性の顔を思い出すと、トータス松本様と、少なからず何がしかの共通点がある。

ああ、小難しいことはもういいや、やっぱり何度見ても、その顔が好きだ。
そして、こうゆう方を見かけたら、ぜひ私にご紹介ください(笑)。
profile * 小夏の呟き * 20:30 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

ぼくは切れ長ではないですけど、自分自身を小夏さんに推薦します。劇場でお会いしたと
き「ありえねー」とか「無理無理」と言われるのは覚悟の上です。
Comment by テンタ @ 2010/07/29 7:28 AM
テンタ様>
おお、自薦!(笑)
ありがとーございますー。(笑)
Comment by 小夏 @ 2010/07/29 10:32 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ