<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 気がつけば | main | そして扉は開かれた >>

『午后は、すっかり雪』アフタートーク、お題発表★

寒い日が続きますが、皆様、お元気でいらっしゃいますか?
『午后は、すっかり雪』明日から、ついに初日でございます!
後半は混雑が予想されますので、ぜひとも前半でのご観劇をおすすめいたします。
初日、2日目は、ゲストをお招きしてのアフタートークもあってお得ですよ。
さて、そんな作り手とお客様を結ぶ憩いの時間、アフタートークの方も前半戦のお題が決まりました!後半戦のお題はまだ秘密。こちらもぜひ、お楽しみに。

12/3 19:30 ・・・黒澤世莉(時間堂 主宰)
★「食とエロティシズム」 
→小夏作品と向田作品の両方に垣間見る、「食」とエロスの描き方について、演劇と人生、両方の側面から自由奔放に語り合います。

12/4 19:30 ・・・谷 賢一(DULL-COLORED POP 主宰)
★「コスプレトーク?」 
ゲストの強い要望と一部からの支持をうけ、ホストの吉田小夏が何かしらの扮装をしておもてなし(するかも)。どんなコスプレかはシークレット。ただし、トーク内容とは一切関係ありません。
(トーク内容は、『書き言葉を語るということ』流麗なモノローグで定評のある谷氏と書き言葉と音声の関係を探ります。)

【公演情報】
青年団リンク 青☆組vol.11
『午后は、すっかり雪』  作・演出:吉田小夏(青年団演出部)
会場:アトリエ春風舎 
日程:2009年12月3日(木)-13日(日)


敬愛する向田邦子の生誕80周年に、吉田小夏がこっそりオマージュをささげる企画。
東京オリンピック前夜の東京を舞台に、当時の向田家をモチーフとして取材し、架空の人々として大胆に再構築。
原点に戻り、吉田の普遍的テーマである、「ある一家とその町の情景」を通して、時代のうねりの中、様々な生き様を見せる人々と、男と女の有様を、繊細に艶やかに描く・・。

【出演】  足立誠 *   天明留理子 *  盒驚匯 *
藤川修二  福寿奈央  荒井志郎  羽場睦子  (*=青年団)

【タイムテーブル】
-12月-
3日(木)19:30~
4日(金)19:30~
5日(土)15:00~/19:30~
6日(日)15:00~
7日(月)<休演日>
8日(火)19:30~
9日(水)15:00~/19:30~
10日(木)19:30~
11日(金)19:30~
12日(土)15:00~/19:30~
13日(日)15:00~

印の回でアフタートークあり。
12/3 19:30 ・・・黒澤世莉(時間堂 主宰)
12/4 19:30 ・・・谷 賢一(DULL-COLORED POP 主宰)
12/8 19:30 ・・・小栗剛(キコ 主宰)
12/9 19:30・・・園田喬(演劇ぶっく/enTRANCE)  

■料金■ 
予約:2,700円   当日:3,000円 
学生・シニア券:2,500円(予約・前売のみ)
ペアチケット:5,200円 (2名様:予約・前売のみ)

-------------------------------------------------------------------
青年団リンク青☆組vol.11『午后は、すっかり雪』ついに開演!
チケットのご予約は、こちらから・・。
公演情報は、こちらから。ご来場お待ちしています★
☆応援のコメントもお待ちしています!☆
-------------------------------------------------------------------
profile * 小夏の呟き * 14:42 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ