<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小竹向原の猫 | main | 食という官能 >>

蜜の苦さ

本日は、昼夜2回公演でありました。
おかげさまで、毎日沢山のお客様に恵まれていますが、明日の夜は比較的お席に余裕がございます。
のんびり楽しんでいただけるので、とってもおすすめです!
当日券もございますので、ぜひ遊びに来て下さい★

写真は、終演後の小屋飲みの最後の風景。
春風舎のロビーに飾られたお花と、出演者のシローとタニコ。
写真で見るとスィートな雰囲気ですが、カップルではありませんのよ、あしからず。

アフタートークも今日で終わりで、個人的にはほっと一息。
ここから先は、ただただ作品のことと、俳優達の千秋楽までのコンディションを考えることに集中できるのが嬉しい。

今日は、客席にもクマが来た。
クマさんですから、もちろん蜂蜜をくださいました。
ふふふふふ。

甘いものを見ると、ちょっと悲しくなる。
どんなに甘い蜜でも、いつまでも口の中に留めておく事は出来ないから。
そのかわり、どんなに苦いものも、喉元を過ぎれば忘れられるのだわ。
年齢だけは、立派に大人のワタクシ。
苦いものを、笑顔で飲み込むくらいの作法は、もう知っている。
情けない気持ちは、ホロ苦い蜜と一緒に飲み干して、今夜も忘れられない夢を見る。

『花とアスファルト』は、一見寓話のようですが、蜜も苦さも体験済みの、大人のあなたに見てほしいお芝居です。
お客様のご来場を心よりお待ちしています。

◇「観たい!」への応援コメントをお待ちしています!→こちら
◇公演情報詳細は→こちら
◇チケット予約は→こちら
profile * 『花とアスファルト』 * 01:59 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ