<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日のおやつ | main | たんぽぽと夕暮れ >>

春の目覚め

いつも、この日記に写真をUPするのを楽しみにしている私だが、今回は事情があってUPできるような写真が撮れない。
あと、今春のWSの参加者を募集しているのだけど、吉田の人となりを日記から探ろうとしている応募検討中の方は、どうか、他の日の日記も読んでみていただきたい。これを参考にするべからず。
どうか、お願いします。

さて、春の目覚めが来た。
昨日突然来た。
私の息子、兎の真冬君(4ヶ月)に。
俗にいう、発情であります。
食事のあと、なんとなく部屋の中で自由にさせていたら、突然私の腕に甘くまとわりつきだし、隙をみて突然かじりつくように腕を抱き、ふいに腰を振り出したのだ。
そのスピードは擬音にすると、シャシャシャシャシャシャシャ!と、まるで、泡だて器で激しくメレンゲを作ってるみたいな速さ。マッハである。
ショック・・。ついに男になったか、息子よ。
兎の繁殖能力(ひいては精力)は逞しい。
だって、PLAY BOYのトレードマークになるくらいだからね。
以下は、兎の育児書より参照・・。
成人後の女の子に関しては、1週間に2回位「今日は、嫌だな」という日があり、残りの5日は「いいよ♪」という状態とのこと。
男の子に関しては、健康な限り、365日エヴリディ「いいよっ♪いつでもいいよっ!!」という臨戦態勢とのこと。
なので、同じケージで飼ったりすると大変なことになりますから避けましょう・・云々。

コラッ!君達は人間か!!
恐るべし兎。動物ならではのシステマチックな「サカリ」という慎みの伝統をなげうって、君達は子孫の繁栄を守ってきたのね・・。

・・でも、どうしてあげたらいいのだろう?
ガールフレンドは連れてこられないし。
我慢しても死なないだろうけど、あんまり我慢するのもきっと体に悪いよね。だが、育児書によると、決して飼い主の腕などにマウンティングさせてはいけないのだそうです。
上下関係が崩れるのだそうです。
なるほど、いったんそうなると「俺のモン」って態度になる人、いるかもしれないですね。確かに。
いや、そういう話じゃないか?

ショックのあまり、私少々、混乱しています。
ひとまず、応急処置として、母の愛を込めて、スポーツタオルで特製の抱き枕を作ってみました。
よしよし、なんとかこれでしのいでおくれよ。
おや?!真冬君の反応は、まずまずです・・。

といっても、とても写真を撮ってお見せできるような状態ではないのですが・・(泣)。

小夏
profile * 小夏の呟き * 23:43 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

実は僕もウサギには詳しくてですね。
もう五年も前ですが、ウサギについてたくさん書いた記事があるので読んでみて下さい。
http://www.playnote.net/archives/000169.html

個人的には「吸収」が一番やべーな、と思います。
Comment by 谷賢一 @ 2009/04/11 10:20 AM
谷さん♪コメントありがとうございます。

記事、拝見しましたよ〜・・。
兎の飼育経験がある私にとっても、なかなかショッキングでありました。
吸収、信じられない能力ですね・・。

でも、もし人間も、外的処置じゃなくて、自分の意思のみでその選択をできたとしたら?!
って、女子としてはふと思いました。
大変に重くデリケートな話題ですが、もし、人口増加しすぎた人間が、そのような能力を進化によって得たら?
そしたら恋愛やセックスはどうなるんだろうって・・。
ちょっと、SFじみていますが。
Comment by 小夏 @ 2009/04/12 3:22 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ