<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『お伽草紙/戯曲』 1月20日 アフタートーク出演のお知らせ

 昨年『クリスマストイボックス』で御世話になった名古屋の劇団、うりんこさんのアフタートークにゲストとして出演することになりました。

『クリスマストイボックス』については、ゆっくりふりかえろうと思いながらまだブログにもまとめられていないのですが、うりんこさんは普段は親子や子供達に見せるお芝居を作っています。
児童演劇と呼ばれるものです。

そんなうりんこさん、親子で見る芝居の他にも、持ち劇場でのアトリエ公演や、ヨーロッパからの演出家の招聘、小劇場の若手演出家との新作の製作、など多彩な演劇的アプローチをしている、なかなか他に類を見ない劇団でもあります。
ジャンルなんかひょいと飛び越えて、大人がたっぷり楽しめる作品も生み出しているのです。

『お伽草紙/戯曲』は、そんな大人を唸らせるシリーズの作品です。

お伽草紙は、太宰治が太平洋戦争中に、自由な表現をすることができずに古典をモチーフに生み出した作品群。
皆さんに御馴染の、「舌切雀」「浦島太郎」「こぶとりじいさん」「カチカチ山」などの昔話が、豊かな文体と大人の目線でとても興味深く描かれています。
永山さんの言葉への感性が私は以前から大好きだったのですが、原作×戯曲×演出の出会いが独特の演劇的強度を生んだこの作品に、ぜひ出会いにきてください。

小夏のアフタートークは、スペシャル追加の回となっているので、チラシや一部のWEB情報などでは表記が無い場合もありますが、ちゃんと出演するので(笑)ぜひ会いに来てくださいませ★
しかも、私の出演回はプレビュー料金でとってもおとくです(^−^)b
---------------------------------------
劇団うりんこ 『お伽草紙/戯曲』
原作=太宰治
戯曲=永山智行(こふく劇場)
演出=三浦基(地点)

●会場 横浜 KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ

●横浜公演日程
1月19日(木)19:30♪◎ 
1月20日(金)15:00♪ ◎ (吉田小夏アフタートーク出演決定!)/19:30◎
1月21日(土)14:00/18:00◎ 
1月22日(日)14:00
◎アフタートーク付き ♪プレビュー料金

●料金
前売:一般3000円  学生2000円  ♪プレビュー2500円
当日:一般3500円  学生2500円  ♪プレビュー3000円

*各種プレイガイドがございますが、観劇ご希望で小夏のアドレスに直接が連絡出来るお方は、
ぜひ近況がてらご一報いただけたら幸いです♪

---------------------------------------------------------------
『お伽草紙/戯曲』全国ツアー

●名古屋 愛知県芸術劇場小ホール
1月13日(金)19:30◎ 14日(土)14:00/18:00◎
ーーーーーーーー
●横浜 KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ
1月19日(木)19:30♪◎ 20日(金)15:00♪ ◎ /19:30◎
1月21日(土)14:00/18:00◎ 22日(日)14:00
ーーーーーーーー
●広島 アステールプラザ多目的スタジオ
2月1日(水)19:30
ーーーーーーーー
●福岡 ぽんプラザホール
2月3日(金)19:30♪◎ 4日(土)14:00/18:00◎ 5日(日)14:00
ーーーーーーーー
●大阪 大阪市立芸術創造館
2月10日(金)15:00♪/10日(金)19:30◎ 11日(土)14:00/18:00◎ 2日(日)14:00
ーーーーーーーー
相模原2/25 豊川3/4 松本3/18

---------------------------------------
劇団うりんこ/うりんこ劇場  
 465−0018 名古屋市名東区八前1−112
tel.052−772−1882 fax.052−771−7868
http://www.urinko.jp/ Twitter:urinkojp 
---------------------------------------

profile * うりんこの日々 * 22:58 * comments(0) * trackbacks(0)

クリスマスを待ちながら

言葉にすべきことはたくさんあるはずなのですが、ただただ毎日をせいいっぱいに生きております。
久方ぶりの日記をお許しください。

本番が近くなれば、昼から夜まで終日稽古をするというのは、どんな公演の時でもあることで、そんな生活には体が慣れていたはずなのに、どうにも眠りが深くなる。
本当に、毎晩不思議なくらいぐわりと眠くなるのです。冬のせいなのだろうか・・。

とはいえ、名古屋での日々にもだいぶなれてきました。
劇団うりんこの皆さんの顔や名前もだいぶ覚え(今回のチーム以外にも大変沢山の方がお手伝いしてくれているのです。)燃えるゴミの日も覚えました。

それでも、いつもいじょうに帰宅するとどっと眠気に襲われるのは、劇場にいる間、らんらんと頭の中が燃えているからなのかもしれません。

色々な演出家が来る劇団ですので、普段はどのような感じの稽古が多いのか、わからないのですが、稽古場は朗らかそのものです。
俳優は演出家のリクエストに真摯に答えるし、良いアイディアがあれば交換するし、稽古中に笑う時間も度々あれば、お茶場のおやつも多い、という、なんだかかなり青☆組の普段の稽古と近い状態になっています。
偶然なのか、それとも皆が私の何かを察してくれているのだろうか?

劇場には毎日自転車で通っています。
川を越え、橋を渡り、坂を登り、気持ちのよい道です。

先日、名古屋で軽い地震の揺れを感じ、久々の動揺をした私は、劇場に向かう途中、自転車で転びました。
とはいえ、橋から降りる時に車止めにひっかっかって、バランスを崩しながらスローモーションのように崩れ落ちたので怪我はありませんでした。
夜、湯舟の中でひざをみたら知らない小さな痣があり、転んだせいだと知りました。
遠い町にきたり、道で転んだりすると、大切な人のことをよく思い出します。
思い出すべき大切な人がいることを、なによりも感謝している冬です。

今年のクリスマスは、劇場で過ごす。
演劇人にとって、とても幸福なことだと思います。
『クリスマストイボックス』は、本当に沢山の方に見ていただきたいと素直に思える作品になりました。
子供のあなたにも、かつて子供だったあなたにも、この作品を届けたいです。
劇場でお待ちしています。

昼は、皆で子供達やお母さんに心を込めた芝居を届けながら、夜は大切な人達の為に祈る。
そんなクリスマスの日を、待ちながら。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★うりんこ劇場 クリスマス公演 『クリスマス トイ ボックス』
作・演出 吉田小夏(青☆組)
2011年12月22日〜27日
@うりんこ劇場(名古屋)
*公演詳細&ご予約はこちらから

★時間堂 『星の結び目』
劇作・吉田小夏(青☆組)
演出・黒澤世莉(時間堂)
2011年12月22日〜2012年1月2日
@こまばアゴラ劇場
*ご予約は【こちらから
*公演詳細はこちらから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
profile * うりんこの日々 * 01:53 * comments(0) * trackbacks(0)

冬の黄色

うりんこ劇場クリスマス公演に向けて、名古屋に来ています。
これから12月の年末までこちらに滞在し、『クリスマストイボックス』という作品を作り、本番を迎える為です。

マンスリーマンションの室内も、ようやく生活感が出て落ち着いてきました。
いつもと違う町での芝居作りを楽しんでいます。
親子で見てもらうお芝居なので、普段の青☆組ではなかなか見られないようなシーンもあり、歌もあり、という感じで、新しい挑戦も多々ありますが、作る姿勢は、青☆組の新作本公演と同じように、を心がけています。

子供達の反応は、私よりも長年児童演劇の舞台に立っている役者さんたちの方がずっとずっと知っていますから、迷ったら素直に相談しながら、そして、小夏ワールドを積み上げる部分は一歩づつ丁寧に、という風に紡ぐように稽古しています。
俳優が変わっても、お客様が変わっても、そこに柔軟に寄り添いながらも、ある種の世界観を維持する事が、または、維持できる事が、名前を看板に仕事をすることなのだと、感じています。

うりんこ劇場は、公演のできる小劇場スペースの他に事務所や稽古場もあり、素晴らしい環境です。
そして、俳優さん達も、スタッフさん達も、明るくて仕事が本当に早いです・・。
劇場の事務所に、どなたからの差し入れなのか、蜜柑や柚子がたくさん届いていました。
こんなところに、ホッとした気持ちになります。
なんだかちょっとアゴラ劇場を思い出すようなアットホーム感です。

もらっていいんだよー、と女優さんが言ってくれたので、お言葉に甘えて冬の柑橘類のおすそわけをいただきました。
冬の黄色や橙色は、寒い空の色を明るくしてくれる。
柚子をお風呂に入れたら、明るい黄色に浴槽がパッと華やいで、
湯気と一緒にとてもよい香りが立ちのぼりました。

秋は、時間堂の作品と、うりんこの作品、立て続けに戯曲を書いて、ちょっと体力が落ちていたけど、この静かな環境の中で、しっかりクリスマス公演の作品作りに集中しながら、体のコンディションを整えて、少しづつ小説の執筆も進めてゆきたいと思います。

各戯曲のお話については、また新ためて。

どちらも、チケット発売中です!
ぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★うりんこ劇場 クリスマス公演 『クリスマス トイ ボックス』
作・演出 吉田小夏(青☆組)
2011年12月22日〜27日
@うりんこ劇場(名古屋)
*公演詳細&ご予約はこちらから

★時間堂 『星の結び目』
劇作・吉田小夏(青☆組)
演出・黒澤世莉(時間堂)
2011年12月22日〜2012年1月2日
@こまばアゴラ劇場
*ご予約は【こちらから
*公演詳細はこちらから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
profile * うりんこの日々 * 00:34 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ