<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

地域の物語ワークショップ 参加者募集

私がファシリテーターのひとりを務める長期WSの参加者募集のお知らせです。
このWSは、演劇がまったくはじめての初心者の方から、舞台経験者まで大歓迎!
じっくりゆっくり、私達と一緒に演劇を作ってみませんか?

モチーフを町の中から探し出す集団創作の方法は、新しい発見の連続だと思います。
主催は、話題の公演のみならず、良質のWSやレクチャーを長期に渡り企画・実践している世田谷パブリックシアターですので、安心してご参加いただけると思います。
最後はシアタートラムでの発表会も開催する充実のプログラムです。
ご参加、心よりお待ちしています!
皆様とお会いできるのを、楽しみに待ってます★

-----------------------------------
【地域の物語ワークショップ2011〜2012】
Aコース「1(いち)からコース」 

「地域の物語」とは―
世田谷を歩いて取材し、地域を見つめ直し、さまざまな物語を掘り起こし、演劇やダンス作品をつくりあげるワークショップです。つくりあげた作品は、「地域の物語」として、シアタートラムで発表します。作品をつくるだけでなく、作品をつくるプロセスを通じて、参加者と観客の人たちが出会ったり、色々な考えや思いを共有していくことも目指しています。

[進行役] 
●すずきこーた(ワークショップ・ファシリテータ/演劇デザインギルド)
●吉田小夏(劇作家、演出家/青☆組主宰)

▼すずきこーた
ワークショップ・ファシリテータ。演劇デザインギルド。地域の物語ワークショップに初年度アシスタントとして参加、2年目以降は毎年進行役を務める。世田谷パブリックシアターの年間契約ファシリテータとして多くのワークショップを進行。劇場以外でも子どもたちや在日外国人の人たちと数多くの演劇づくり、ワークショップを行っている。
吉田小夏
劇作家、演出家、俳優。青☆組 主宰 / 青年団演出部所属。2001年に青☆組を旗揚げ。『雨と猫といくつかの嘘』等、4作品で日本劇作家協会新人戯曲賞に入賞。その作品群は、人間の営みへの温かいまなざしと音楽的な台詞が特徴とされ、幅広い年齢層の支持を集める。時代に流されない普遍性を大切に、瑞々しく繊細な対話劇を追求している。

--------------------------------
Aコース「1(いち)からコース」 
2011年11月26日(土)〜2012年3月24日(土) 全16回

1.11月26日(土)13時〜17時「知り合う」

2.11月27日(日)11時〜17時「まちを歩く1」

3.12月3日(土)13時〜17時「 取材先を考える・まちを歩く2」
4.12月4日(日)11時〜17時「取材1」
5.12月11日(日)11時〜17時「取材したことを紹介しあう・忘年会」


 2012年
6.1月14日(土)13時〜17時「取材したことを演劇にしてみる」
7.1月15日(日)11時〜17時「これまでをふりかえり今後を考える」
8.1月29日(日)11時〜17時「取材2」
9.2月12日(日)13時〜17時「取材3」

10.2月19日(日)13時〜17時「グループ作業1」
11.3月3日(土)13時〜17時「グループ作業2」

12.3月4日(日)11時〜17時「グループ作業3」

13.3月17日(土)13時〜17時「中間発表」
14.3月18日(日)11時〜17時「グループ作業4」
15.3月23日(金)19時30分〜21時30分「リハーサル」

16.3月24日(土)11時〜17時「リハーサル」
   3月25日(日)時間未定 「シアタートラムで発表」
   4月15日(日)時間未定 「上映会&ふりかえり」
--------------------------------

参加費 5,000円(全16回+発表会、上映会、全て含む)
募集人数 15名(先着順)
締切り 2011年11月18日(金)

お申込み詳細は・・こちらから
先着順での受付なので、お申込みはぜひお早めに!!



profile * ワークショップ * 12:51 * comments(0) * trackbacks(0)

柏の街と、ワークショップ

柏市民劇場"CoTiK"さんで、出張ワークショップをしてまいりました。
週末の2日間コースです。
代表の松本さんにお呼びいただき、いそいそと出向いてきましたよ。
下は18才から上は67才の参加者はさすが市民劇団!さりげなく、小劇場の俳優さんも混ざってくれてたりして・・。
楽しくワークショップさせてもらいました☆
WS講師に呼んでいただいたり、執筆を頼まれたり、そうやってアーティストとして少しでも必要としてもらえることが、実は一番の励みになったりします・・。明日もがんばるぞー。

初めての街を歩くと、いつも不思議な気持ちになります。
でも、以前観劇してくれた参加者の方には、「小夏さんが柏にいるのが、なんだか不思議。」って言われました。ふふ。
でも、なんとなくわかる気もします。
普段仕事で会っている人と友達になったりして、初めて自分のアパートのある街で会ったりすると、直接部屋に呼んだみたいな妙な気持ちになったりします。
生まれ育った街を歩くと、人は自然と素顔に近づくんでしょうか?

柏の街は、ちょっと三鷹あたりを思わせる、ほっこり素朴な街でありました。
写真は、WS後のプチお茶会にて。駅そばのガスト。

小夏
profile * ワークショップ * 00:42 * comments(0) * trackbacks(0)

WS、無事終了★

お蔭様で、9月、10月と、連続して開催したWSが無事に終了しました。関わってくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。WSは過去にも定期的に開催してきましたが、やはり初対面の俳優との実践はいつも新鮮です・・。参加している俳優達が変わると、毎回、雰囲気や反応も変わるため、説明の仕方やメニューも、その都度、メンバーに合わせて微調整をいれています・・。今回も、多彩な参加者との一期一会を満喫。靴の並びにも個性が溢れていました。私は、真新しい出演者を探し出す時には、一般的なオーディションではなく、できるだけワークショップを開催する事にこだわっています。俳優は、選ばれる立場に立つことが殆どですが、演出家を選ぶ立場でもある事を忘れずにいて欲しいと願うからです。WSを通して、自身の演劇観を少しでも俳優に伝える事で、演出家として俳優から選ばれるか否かの要素が加わるように思うのです。正直、緊張します。でも、できるだけ相思相愛でぶつかりあえる稽古場を作るためには、すくなくとも、現在の私には、WSが必要なプロセスだと考えているのです・・。小夏
profile * ワークショップ * 01:22 * - * -
このページの先頭へ