<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

クマさん、さようなら。

先日は、『花とアスファルト』の清算会でした。
青☆組では、打ち上げ以外にも、後日必ず清算会があるのですが、10日位しか経ってないはずなのに、なんだか皆がとても久しぶりに見える・・。
演劇の現場の人間関係が、いかに濃厚かということなのでしょう。

この日は、朝の9時に羽田空港内のカフェに出向き、オリザさんの打ち合わせに同席させてもらい(オリザさん、そのまま飛行機乗って移動)、昼はフランス語教室にゆき、午後は制作のゆかちんと会計作業をし、夕刻は清算会にて、皆の歓喜と苦言の発言をおおいに聞き、夜更けには珍しく私も焼酎をちろっ飲み・・と、まぁ、吉田にしてはなんとも長い一日でした。

前日の就寝の遅さと、羽田行きの早起きが後半ボディブローのように効いてきて、朝までコースには参加できず、残念。
あんだけ、カラオケカラオケと言ってた自分がダウンとはね。

でも、いずれまた、ね。
私は、いつも素晴らしい俳優とスタッフに恵まれています。感謝。
って、どの演出家もそう思ってるんだと思うんだけどね。
そう思ってる全ての演出家は、いい活動してるってことでしょう、きっと。

「クマ」役で人気爆発だったシローが、髪を切っていて、眉毛までカットされてて、皆の不評を買う。
相手役だった羽場さんも「もう、全然クマさんじゃないね。むしろ良かったわ、ふん。」とかわいく未練を見せていた。

清算会は、別れた男と久しぶりに会うのに似てる。
あったとたんに、濃厚な懐かしさに襲われるんだけど、あれ、でもあなた、確実に、あの日のあなたとは違うね、ふーん・・、ふんっ。ていう、寂しいようなさっぱりするような変な感じ。

これが永久の別れなんかでは決してないし、せっかくの皆との縁は長くつなげてゆきたいものではあるのだが、清算会が終わるといつも、私はやっと自由を得た気がするのだ。

ひとり、また荒野に放り出される。
次の作品が立ち上がり歩き出すまでの間、しばし広大な平野を眺める。
大変、爽快だ。地平線と、空しかない。

握り締めていた何かを、手離したとき、人は両手を使えるようになる。
その片手に大事に握り締めていた何かを、手放すということ。

爽快だ。
片手でも、人を殴ることはできるが、両手があればきっと空も飛べる。
アーティストにとって、自由と孤独は糧だ。

写真は、おりょうちゃんからもらった、ちっちゃなマトリョーショカ。
んーっ、食べちゃいたいくらいにかわいいっ!!
そしてチョコなので、実際に食べ物。食べちゃうぞ。

小夏
profile * 『花とアスファルト』 * 00:10 * comments(0) * trackbacks(0)

みずたまりの深さ

芝居の打ち上げの後半には、なぜか必ずといってよいほど恋の話が顔を出す。
深夜特有の揺らぐようなテンションのせいか。
はたまた、お酒との相性がよいのだろうか・・。
今回も、出演者のひとりに久々に恋人ができたということで、深夜モードの私たちは、まぁ、中学生かいっていう位にはしゃぎきって馴れ初めを聞いたのだった。

唸ったり、腹を抱えて笑い転げたりした末に、いつのまにか女優陣の恋愛考察に話が発展。
若い衆の比較的健康な恋愛論に耳を傾けてみたりするも、もうひとつ身に沁みてこず・・。
逆に「恋愛っていうのは、キラキラ明るいものじゃなく、“業”の深いものだという気持ちがあって・・。」とか「同業者と恋愛とかしちゃうと、刺し違えるような気持ちで向き合うことになるんじゃないかと思ってしまって怖い。」「結婚した後、一度も浮気しない男子なんていないと思う。」など、暗い持論を展開しまくり、若手に引かれる。

結論として「小夏さんは、もっと信頼できる誠実な男の人を見つけた方がいい。」と、若手女子に一喝されてしまった深夜2時。
いやね、違うのよ。今までお世話になったEX恋人の皆さん、なんやかやあっても信頼していたし、感謝もしている。
だけど、同世代の友人達が、結婚したり婚約破棄したり離婚したり再婚したり、っていう、多くの山を登り多くの川を渡る姿を、丁度一通り目の当たりにしたお年頃でもあって・・。

自分でも、よく分かっているのだ。
“業”だの、“刺し違える”なんて単語を、ひょいと繰り出している時点で、恋愛的には敗者なのだ。殿方は、最初面白がったとしたって、最後には遠ざかるのだ。
何があっても余分に言葉にしたりせず、「観音様」みたいに、すうっと微笑んでいられるような女・・。
最後に幸せを手にするのは、やはりその手の女であろう。
微笑みの下に何があっても。隠しきったものの勝ち。

水たまりに飛び込むみたいに、ぼちゃんと気楽に恋に落ちれたらそれも楽しかろうな。
ぼちゃんっと飛び込んで、無邪気に濡れて、水しぶきを浴びながら笑っていられるような。

でも、水たまりを覗き込んでは、「この下には、光が届かない程青い、深い深い海があるのだ・・。」と足をすくめてばかりいる。

平和な水面には、今日も空の雲が映っている。

まぁ、芝居のことで日々もがいているシーズンには、こんな平和な状態も、十分にありがたいのも真実だ。

写真は、打ち上げの夜のヒトコマ。
ぷくじゅこと福寿奈央さんが、差し入れにいただいた高級ゼリーを掲げているところ。
ちょっと聖母みたい。
この直後には、聖母は腹を抱えてゲラゲラを笑い転げていたのだが・・。

小夏
profile * 『花とアスファルト』 * 02:41 * comments(0) * trackbacks(0)

ご来場ありがとうございました。

本日、『花とアスファルト』は無事に千秋楽を迎えました。
ご来場いただきました皆様、気にかけた下さった皆様、本当にありがとうございました。

写真は、打ち上げ風景。
本日、お誕生日を迎えた制作の増坂由夏ちゃんに、サプライズケーキを贈ったところ・・。
楽しい打ち上げでございました。
メニューは、鳥団子と野菜の塩ちゃんこ風スープ、豚バラともやしとザーサイの蒸し物、鳥の黒酢煮、水菜とパプリカのイタリアン風サラダ、ご飯、揚げ物盛り合わせ(これはできあい)でございます。

打ち上げのお料理は、春風舎公演の時には、恒例でいつも小夏が作っているんですよ☆
(・・単に、小夏のバラシ作業のスキルがいまいち低くて、むしろ現場で邪魔だから料理班、という噂もあり。)

今回は挑戦の側面も強く、色々なことを考えさせられた公演でした。
演出家としては、もちろん全ての出演者に感謝していますが、一婦女子としては、「もっと、ガーリーに。大人にしかできないガーリーを。」という演出家の要求に、最初は戸惑いや懸念を示しながらも、本番が近づくにつれて、びっくりする位かわいさ満載になっていった羽場睦子さんの笑顔が忘れられません・・。

恋は女子をかわいくさせる。
架空の世界のお話であっても。
この法則は、きっと、灰になるまで続くんだろうなぁ。
ちょっと、希望を持った。

作品解説などは、おいおい・・。

皆様、本当にありがとうございました!!

小夏
profile * 『花とアスファルト』 * 05:00 * comments(2) * trackbacks(0)

さようならの前に

本日8日も、無事にマチネとソワレを終了し、残すところ千秋楽の1回のみ。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
まだ見ぬ貴方様。
明日の15時に、春風舎で待ち合わせです。
一緒に“すみれが原団地”で戯れましょう。
9日も当日券をご用意します。ぜひ。

本日のソワレは、15minmadevol.5で仲良くなった、“東京ネジ”の面々や、トークゲストに出てもらった黒澤世莉さんの“時間堂”の皆様(鈴木浩司氏+浴衣の美女)にご来場いただき終演後に乾杯。再会に、なんだか、ちょっとはしゃいでしまった・・。
素直に微笑んでお話できることが、本当にありがたい。
リスペクトとフレンドシップで繋がっていたい・・。
綺麗ごとだろうか?
もともと不器用な分、やたら広く顔を売るよりも、しっかり見詰め合える交流を大事にしてゆきたいと願う。立場上、そうも言ってられない時も来るんだろうけど・・。
でも演劇やってんだもの。人間関係くらい、アナログでコツコツいこうじゃないのよ。いかせてよ。
自分の目で、よく見るのだ。肌で感じるのだ。

意外とあっという間に来てしまった千秋楽。
私の芝居は、がんばったり力んだりしてもよくなるというものでもないので、しゅくしゅくと幕が開きそして閉じるのだろう。
そうは言っても、もちろん一抹の寂しさもある。

今回は、「畳を使わない」「お茶の間からの脱却」「抽象舞台が前提」「登場人物にクマ」など、世間的にはフツーでも、自分にとってはかなり負荷の強い要素をわざと持ち込んだ企画だった。
理由は簡単で、作・演出家として、今までと違う角度での力をつけたかったからだ・・。

今回、クマには色々な事を教えてもらった。
森の中で、私たちは沢山のことを話した。
明日の17時40分を過ぎれば、私は森から畳の部屋へ帰らなければならない。

さよならを言う前に、ぜひ、貴方様に、私の出会ったクマを紹介させてください・・。

写真は、同じ生まれ年の女子としても貴重な芝居友達、東京ネジの面々。
左から順に、佐々木富貴子嬢、佐々木香与子嬢、佐々木なふみ嬢。

お客様のご来場を心よりお待ちしています。

◇「観たい!」への応援コメントをお待ちしています!→こちら
◇公演情報詳細は→こちら
◇当日券のお問い合わせは→アトリエ春風舎 03-3957-5099(公演期間中のみ)
profile * 『花とアスファルト』 * 01:53 * comments(0) * trackbacks(0)

素顔に紅さす

さて、『花とアスファルト』の日々も、残りあと2日、3回の公演を残すのみとなりました。
当日券は、毎日ちびちびだしています。
しつこいですが、ぜひ、春風舎へ・・。

春風舎での公演は、劇場での飲み会ができるのが嬉しい。
今回も、身内のお客様から友達の友達まで、毎日色々な方と終演後にお話している。
先日は、キコの小栗君(元チェリーブロッサムハイスクール)と話し込む・・。
最後にやっぱり、小栗君の口からドラえもんの話が出た。
まだ2回しかまともに話してないけど、小栗君の話すトーンは不思議で面白い。
本番終わったら、共通の知人にも声をかけて飲み会しましょうと約束する。

昔の私は、日々の打ち上げで気を使いすぎて消耗してたけど、最近は上手い塩梅で楽しめるようになってきた。嬉しい。楽しい。大好き。ドリカムは、私の高校時代のノスタルジィ。こっぱずかしき80’Sのあの頃。

話を戻す。
小屋飲みの後は、大抵、同じ帰り道のタニコと帰路に着く。
明大前まで、徒然に話し込む。
いつも今日の芝居の話から始まって、最後はまったく関係ないところに落ちつく。
今日は、「甘え上手のメンズには気をつけろ、特に年下に注意。」というところに話が落ち着いた。
私もタニコも、愛想は悪くないが、膝は固い方だ(と思う)。
失敗を知っている分、三十路女の貞操は、ティーンのそれより頑なだ。
殿方諸君よ、覚えていてくれたまえ。

家が近づくにつれて、演出家と女優の立場を超えて、フツーに恋バナしちゃってるのが楽しい。
タニコの顔は、もう舞台メイクも落ちて、普通のメイクもはげてきてて、殆ど素顔で、で、ほろ酔いだから頬が紅色になっている。
かわいい。
女優さんって、ちょっとややこしいけど、基本的にかわいい生き物だと思う。

ひとりになってからのち、何かの小説で読んだ「すっぴんに、口紅だけをさした女が」というフレーズをふいに思いだす。
素顔に口紅のみというのは、なかなかに猥雑だ、とぼんやり思いながら今夜も明大前を過ぎてゆく・・。

写真は、春風舎のロビーにて。少年のような立ち姿のぷくじゅ(福寿奈央)と、花に埋もれるタニコ(中谷真由美)。

お客様のご来場を心よりお待ちしています。

◇「観たい!」への応援コメントをお待ちしています!→こちら
◇公演情報詳細は→こちら
◇チケット予約は→こちら
profile * 『花とアスファルト』 * 02:00 * comments(0) * trackbacks(0)

食という官能

おかげさまで、ついに折り返し地点を過ぎました・・。
本日、6日のソワレも無事に終了。
残すところは、金・土・日の、4回のみ。
本当にいつも、折り返した途端にあっという間なんだよなぁ・・。
週末の公演、まだチケットのご予約可能であります。
当日券もございます。
日曜日は混雑が予想されますので、ぜひとも、金曜、土曜のご観劇をおすすめします・・。

さて、私の芝居の名物のひとつとして、「消え物」があります。
吉田小夏作品は、食べ物を、実際に舞台上で食べることがとても多い芝居なんですね。
今回も、今まで以上に色々食べておりますよ。

なぜ、本物の食べ物を多様するかというのには、いくつかの理由があるのですが、そのうちの主なものは3つ。「嗅覚を刺激できるから」「生活する動物としての身体性」「官能」です。
私の芝居には、激しいバイオレンスシーンもなければ、リアルな濡れ場やキスシーンもございません・・。作りたいとも思っていません(今のところ)。

食べ物を口にする瞬間を作ることで、生身の人間の野性味やエロスを、日常生活の狭間に浮かび上がらせられたら・・と。
そういった風な想像力への刺激が、好みなのであります。
稽古場では、役者さん達に実際に物を食べてもらうので、ちょっと申し訳なくも思いますが、飲食の風景はこれからもどうにも外したくない小夏ワールドの要素であります。

皆様、ぜひ劇場に確かめに来てください。
その歯ごたえを、匂い立つような素材そのものの香りを、舌触りを。
目にも心にも美味しい作品になりました。
冷めないうちに、ぜひ。

お客様のご来場を心よりお待ちしています。

◇「観たい!」への応援コメントをお待ちしています!→こちら
◇公演情報詳細は→こちら
◇チケット予約は→こちら
profile * 『花とアスファルト』 * 02:48 * comments(0) * trackbacks(0)

蜜の苦さ

本日は、昼夜2回公演でありました。
おかげさまで、毎日沢山のお客様に恵まれていますが、明日の夜は比較的お席に余裕がございます。
のんびり楽しんでいただけるので、とってもおすすめです!
当日券もございますので、ぜひ遊びに来て下さい★

写真は、終演後の小屋飲みの最後の風景。
春風舎のロビーに飾られたお花と、出演者のシローとタニコ。
写真で見るとスィートな雰囲気ですが、カップルではありませんのよ、あしからず。

アフタートークも今日で終わりで、個人的にはほっと一息。
ここから先は、ただただ作品のことと、俳優達の千秋楽までのコンディションを考えることに集中できるのが嬉しい。

今日は、客席にもクマが来た。
クマさんですから、もちろん蜂蜜をくださいました。
ふふふふふ。

甘いものを見ると、ちょっと悲しくなる。
どんなに甘い蜜でも、いつまでも口の中に留めておく事は出来ないから。
そのかわり、どんなに苦いものも、喉元を過ぎれば忘れられるのだわ。
年齢だけは、立派に大人のワタクシ。
苦いものを、笑顔で飲み込むくらいの作法は、もう知っている。
情けない気持ちは、ホロ苦い蜜と一緒に飲み干して、今夜も忘れられない夢を見る。

『花とアスファルト』は、一見寓話のようですが、蜜も苦さも体験済みの、大人のあなたに見てほしいお芝居です。
お客様のご来場を心よりお待ちしています。

◇「観たい!」への応援コメントをお待ちしています!→こちら
◇公演情報詳細は→こちら
◇チケット予約は→こちら
profile * 『花とアスファルト』 * 01:59 * comments(0) * trackbacks(0)

公演3日目、無事に終了。
ついに、空調の調整が安定する。
暗闇を抜けた気分になる。
皆様、どうぞ安心して観に来てください。
さて、そろそろ載せる写真も尽きてきて、よっぽど自分が好きなのかしらんと思われたら心底辛いが、これは出演者のおりょう(小林亮子)がとってくれた私の写真。

自分では、けして見えることのできない角度から見た自分だ。
最初に見たとき、「これ、鬼だ。」と思った。
実物の平坦な顔よりも、色々と妙に尖って見えるからだろうか?

いや、掘り起こしてみれば、私の心の底に、鬼は確かにいるのだろう。

日々の繰り返しの中で、些細なことであっけなく小さな殺意を持つ瞬間がある。
それは、雑踏の中で、ドンッと人に無遠慮にぶつかられた時とか、歩きタバコの煙をもろに浴びた時とか。横に座ったこの人は、絶対に3日はお風呂に入ってないぞ、うううっ・・。
とか、そんな些細なこと。

その些細な瞬間、その刹那、私は雑踏の中で鬼になる。
牙が生え、角がはえ、はっと我に返り、ぞっとする。
なぜ、そんなにも些細なことで、牙が出るのかと、ぞっとしてそして落胆する。
きっとあんまり繰り返していると、鬼の自分から戻れなくなるんだろう・・。利己から生まれる小さな殺意の積み重ねやら、情念やら、男への恨みやら、それは他の動物には無い感情だ。
鬼という生き物は、そうやって変化(へんげ)で生まれるのではないだろうか。
鬼は、人間の中の一種にしか過ぎない。

室町後期位までは、そこらの村に鬼の姿は実際にうろちょとしてたんじゃないかしらと思う。
彼らが人々と共存していた気がしてならないのだ。

日本人には、鬼もキジも猿も、同列にして命として扱う感性が宿っている。 
八百万の神という精神が、習慣や文化の中にさりげなく溶け込んでいるように。
このへんのプライドは捨てたくない。

今回のクマさんのお話は、そういった意味でも、私はある意味非常に日本的な面があると思っている。
鬼にも、クマにも、私にも、かわらずに夏は巡ってくるのだ。
そうして、見る角度によっては、私は鬼にもクマにも見えるかもしれない。

自分とは違う角度で、世界を見てみること。
これも、演劇の面白みのひとつだと思う。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。

・・ちなみに、私は、稽古場で鬼になるということは無い。
と、・・自分では思っているのですが。果たして。

小夏
profile * 『花とアスファルト』 * 03:52 * comments(0) * trackbacks(0)

アフタートークもお楽しみに・・

おかげさまで本日無事に2日目を迎えました。

8月の公演は、空調設定が難しい・・。
ていうか、8月に公演するの、実ははじめてなのだけどね。
そして、いつもの青☆組公演では、台詞の響きを重視して、空調は完全に切っているんですが・・。
小屋入り前から懸念していたけど、こんなに微調整が続くとは・・。
先日は暑かったとの感想多数。ご来場いただいた皆様、大変申し訳ありませんでした。
今日は空調設定を変え、それに併せて俳優の台詞のボリュウムもいちいち変えてみるものの、寒かったとの感想多数・・。
来場いただいた皆様、重ね重ね、申し訳ありませんでした。
しかし、3度目の正直に賭ける。明日は、再調整できっと上手くいく。

いまさらですが、アフタートークゲストとトークのお題をお知らせします。
初日はもう終わっちゃったけど、多田君と色々みっちりしゃべりました・・。
本日3日は、黒澤世莉さんとトークですよ。
世莉さんのイメージどおりの、穏やか、かつスマートなトークをお楽しみいただけます(本当)。
5日の谷君とは、ひどく知的なシモネタトークになると思います(半分、嘘)。
皆様、ぜひご来場ください。

8/1  19:30 ・・多田淳之介 (東京デスロック 主宰/青年団演出部)
           『戯曲と演出の幸福な関係』 

8/3  19:30 ・・黒澤世莉時間堂 主宰 )
           『演出家として最も大切にしていること』

8/5  15:00 ・・谷 賢一DULL-COLORED POP 主宰)
           『“作・演出家”というキメラについて』

写真は、うちの真冬君のベイビィ時代。
内容とは全然関係ありませんが。
癒しを求めるあまり、つい・・。

小夏
profile * 『花とアスファルト』 * 02:25 * comments(0) * trackbacks(0)

俳優じゃない人紹介- 吉田小夏編

『花とアスファルト』本日、ついに開幕しました!
当日券もございますので、皆様ぜひご来場くださいませ。
と、いうことで、オチとして私・吉田小夏もアンケートに答えてみることにいたします。

\帖組は、何回目だかわかってるよね?
→番外公演を除くと、なんと今回で10回目です。

⊂夏作品を一言で言ってみましょう。
→・・・。
一目でわかります。ぜひ、観に来てください。

「クマ」と言われてまず思い浮かぶのは?
→今は、『花とアスファルト』。
以前は、ゴミ捨て場で雨に打たれる、古ぼけたテディベア。我ながら暗い。

げ撞戮澆とれたらしたいことは?
→大掃除。PCメンテナンス。あと、夕涼みに、ベランダで、梅酒を飲んでみたい。
花火や蛍も見に行きたいけど、間に合わないだろうな・・。

ズ2鵑虜酩覆砲弔い動豸澄
→いったい「クマ」とは何なのか、お客様のお好みで「○○」の中を当てはめて観てください。
まぁ、クマはクマなのですが。


お客様のご来場を心よりお待ちしています。

◇「観たい!」への応援コメントをお待ちしています!→こちら
◇公演情報詳細は→こちら
◇チケット予約は→こちら
profile * 『花とアスファルト』 * 02:46 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ