<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

孤独を想い、孤独と生きる

小夏です。
先日は、公演の清算会(お金の清算と反省会と飲み会)でした。
久しぶりに、今回の座組の皆と再会。
本当は、久しぶりっていうほど離れてたわけではないんだけど、千秋楽の後に会うと、妙に懐かしく感じるから不思議です。
今回のメンバーはすごくバランスが良くて仲もよく、別れるのが淋しい位。
なにはともあれ、おかげさまで、清算会と忘年会を終えて、『雨と猫といくつかの嘘』の全てが、無事に終了となりました・・。

気がつけば、もうすぐ今年も終わり・・。
公演をひとつ終えたところで、心新たにお正月を迎えるのまたひとしお。
あ、その前に大掃除だ・・(汗)。

さてさて、この日記で『雨と猫といくつかの嘘』の稽古場日記の、締めくくりとしたいと思います。

今回の作品を観てくれた、ある演劇ライターさんが、アンケートで観劇の感想をレビュー風に綴ってくれました。 とてもうれしかったので、そのレビューをご紹介して締めくくりとしたいと思います。

PS:写真は、舞台袖からみた今回の舞台美術。
俳優目線の、珍しいショットです。

■『孤独を想い、孤独と生きる』

“孤独”とは厄介なもので、アレは日常の何気ない隙間に忍び込むプロだから性質が悪い。今作『雨と猫といくつかの嘘』は、そんな“静かな孤独”を描いた一作。
主人公・水野風太郎は今日まで快晴の誕生日を迎えたことがない。
それは、60回目の記念すべき日も例外ではなかった。彼は1人、部屋でカップ麺をすすりつつ今日という日を迎える。静かな雨音と、静かな孤独と共に--。
確かに、誕生日にまつわる風太郎の回想は至る所に孤独が潜んでいる。
しかし一方で、人は孤独を許容することも出来る。
そして、孤独を受け入れながら尚生きることを止めないのは、人間が持っているある種の強さだ。
観劇後、もう少しこの世界に浸っていたくて、他の情報を極力入れず足早に劇場を去った。今はただ、孤独について想いを巡らせていたい。
それは、この優しい物語がくれた、生きる力そのものなのだから。 (記者)
profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 17:41 * comments(0) * trackbacks(0)

ありがとうございました★

おかげさまで、『雨と猫といくつかの嘘』は、23日に無事に千秋楽を迎えることができました。

雨の日も晴の日もありましたが、沢山のお客様にご来場いただき、また、ご好評をいただき、幸せな気持ちで幕をおろすことができました・・。
色々な意味で、記念すべき作品となりました。
きっとまたいつか、再演できたらと思っています。

写真は、猫役で大人気だった林竜三さん。
彼にとっても今回は記念の作品となりました。
手にしているのはお客様からいただいたというケーキ。
このケーキは、お誕生日のお祝いではなく、竜ちゃんが、東京に来てから出演した、記念すべき20作品目の舞台のお祝いとのこと。
私も嬉しい限りです。

本番前には悲しい別れもあったけど、まわりの人達の笑顔のおかげで、なんだか、心の中からポカポカと、暖かい冬が過ごせそうです。

いつも思うことではありますが、本当に、沢山の方にお世話になった公演でした・・。
本当に、ありがとうございました。

感謝。

小夏

profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 15:38 * comments(0) * trackbacks(0)

あめあめふれふれ

小夏です。
今日は、夕方から雨なのだそうです。
ちょっぴり出不精になる雨の日・・、でも、今回のお芝居は雨をモチーフにしているせいか「雨の日に観ると、より感じるものがある」とゆうご感想をいただいています。
雨の日に、雨のお芝居をお楽しみいただくのも、また一興かと思い、曇り空にも珍しく心が踊る私がいます。
本日も、当日券をご用意してお待ちしています。ぜひぜひ。

写真は、雨雲を見上げる音響オペレーターの戸塚さん。
まだ学生の初々しいスタッフさんです。
雨の音をコラージュした音響効果と、日本語の言葉の響きとのハーモニーも、お楽しみいただければ幸いです。

小夏

profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 16:43 * comments(0) * trackbacks(0)

いくつかの嘘って??

小夏です。さて、先日は、嘘のような突然の再会がありました。
思いがけず、懐かしい旧友が来場してくれたのでした。
劇場は、お客様が作品に出会う場ですが、客席の中でも思いがけない出会いというものがあります。
いわばそれは、もうひとつのバックステージ。
お客様自体もある種の登場人物のように感じる時があるのは私だけでしょうか?
こちらの写真は、本当のバックステージ。
実際にはアウトステージ?!ロビー前のエントランスで衣裳に着替える前にくつろぐ、出演者の木下さんと松本さん。
役を離れた女優さんたちの横顔を、照明ではなくお日様が照らしているのも、風情のある風景であります。
本日も、当日券をご用意しております。
この週末、お散歩がてらにぜひ劇場へ足をお運びいただければ幸いです。

そうそう、初日から本日までに、何人かのお客様からタイトルの質問をお受けしました。 そこで今日は「いくつかの嘘」の部分について、少し解説しちゃいます。
事前情報を入れずにいちから作品を楽しみたい方は、ここでお引きかえしを・・。
既にご観劇いただいている方、または先に少し事前情報をいれての観劇をお好みの方は、、、、 ずずずいっと下にスクロールを・・。(ちょっとネタバレ)












「いくつかの嘘」という部分には、「嘘か真か」というイメージが盛り込まれています。ある人物の記憶の中を紐解いてゆくとき、嘘か真か、繰り替えし思い出すたびにだんだんわからなくなってゆくような・・。 また、ある日の記憶も、視点を変えると内容が不思議と少しづつかわっていて、どちらかは嘘なのか?どちらを真と思うのか?といった意味をこめています。 また、今回は演劇的な表現手法を意識的にとりこむというコンセプトがあったため、演劇自体をひとつの「嘘」と位置づけ、いくつかのシーンの羅列を「いくつかの嘘」とする暗喩もこめています。 舞台上で起こっていることは、嘘か真か? お客様にとって、舞台上の嘘が、劇場の外の出来事以上に真実に感じる瞬間が生まれることを願っています・・。 作者
profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 13:57 * comments(0) * trackbacks(0)

にゃん!

小夏です。
雨の初日が明けると、翌日はピカピカの晴天。

アトリエ春風舎の前の道では、近所の猫さんががひなたぼっこをしていました。

あんまりかわいくて、劇場に入る前に、ついつい遊んでしまいました。
写真は、出演者の福寿奈央さん。

雨、猫、と毎日タイトルが続いてなんだか縁起がよい感じ。
ん?でもこのままいくと明日はいくつかの嘘?!

果たしてどんな嘘が私を待ってるのか・・。

明日、19日金曜日の夜の回(19:30〜)は、お席にまだまだ余裕がございます。
小さな劇場ですが、明日は比較的ゆったり観ていただけると思いますので、ぎゅうぎゅうのお席が苦手な方はぜひ★ 当日券のご用意もございます。
この作品を通じて、沢山のお客様に出会えたらいいなぁーと、青☆組一同、アトリエ春風舎で祈っています・・。

この気持ちは、もちろん嘘なんかじゃなく、はい。

小夏

profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 22:44 * comments(0) * trackbacks(0)

はじまりの雨

小夏です。 おかげさまで、本日雨日和の中、ついに『雨と猫といくつかの嘘』が、初日を迎えました・・・。 雨の芝居で、雨の初日とゆう、なかなかに粋なはじまりであります。 おかげさまで、とても好評です。 まだ、どの回もご予約できますが、若干混み合う日も出てまいりました。 ぜひ、お早めにご予約ください。 写真は、出演者一同。 皆様のご来場をこころよりお待ちしています・・。 小夏
profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 22:09 * comments(0) * trackbacks(0)

マジック

ぼっこでございます。


劇場はマジックです。行ったことのない駅を降り、地図のまま路地を行き、吸い込まれるように地下へ降りる螺旋階段を行くと、小さな部屋。知らない人たちと肩を寄せながら入り、一旦扉が閉まると。


違う世界がOPENします。


人生の中の、わずか1時間と少しの間、異次元へのトリップ。



これは魔法使いたちの作業です。まるで靴屋が休んでいる、夜の間にトンテンカンテンやる小人のように、役者の小休憩の間にスタッフさんがコツコツと「魔法」の仕込みです…。


今日は照明のイトキンに、音響のセンちゃんがお手伝い。本当に本当にありがとう。こうしてマジックが完成していきます。


明日は初日!
皆さんが素敵な魔法にかかりますように。




profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 23:33 * comments(0) * trackbacks(0)

本番に向けて

いよいよ本番間近。
着々と舞台作りも進んでいます。今日は照明さんの出番で、伊藤さんがキャタツを持って舞台中を動き回っています。
「11番ください」など言いながら。いわゆるシューティングの真っ最中。
カメラのアングルをきめるように、役者の立ち位置に灯りをきめるのです。
そしてその舞台裏では、階段下にあたる楽屋で舞台美術に欠かせない細かい作業が行われております。それがこの写真。なにせ楽屋あかりのみですので分かり辛いのですが、三人います。真ん中の享ちゃんは分かるかな。
とにかくみんなの力を合わせて舞台という名の船が進水しようしています。
神さま、仏さまとつぶやくのは俺だけか。よろしく。修

profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 13:00 * comments(0) * trackbacks(0)

大家族

こんばんわ。
キョーちゃんこと、松本享子です★
今日は久しぶりの雨模様、そしてすっごく寒かったですね。
そんな中、青☆組は仕込み日でした。男性人は舞台装置を組んで女性人はとてもこまーかい手作業。みんな疲労がピークです。でも、劇場では小夏女史が作ってくれた温かいご飯で心も体も温たまりました。写真はまるで大家族のようなご飯風景。賑やかな一同も一気に静まりかえり、美味しい料理にがっついています(笑)
その後は二人一組になってのマッサージタイム。みんな顔がフニャフニャに。
あとは残りの装飾ができたら光の魔術師、伊藤さんことイトキンの出番です。クールな美術師濱ちゃんとどんなコラボが生まれるのかワクワクします。
ますます寒〜い季節になりますが青☆組はあったかい。
幸せなことに小屋入りが早くそのせいかいまいち本番が目前という実感が沸かないのも私だけぢゃないみたい…いかんです。 明日からは更に身を引き締めて本番にのぞみますっ!
皆さんも風邪を引かないよう元気に小竹向原までいらし下さいね〜〜!

profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0)

我が家の魅力!

いよいよ稽古も最終日!
今日は帰るなり、ホームスパを決行いたしました、福寿奈央がお伝えいたします〜。

この写真、アトリエ春風舎のロビーに設けられたお茶場です!
わたしも今回初めて知ったのですが、このロビー普段は台所となっており、壁には手作りの棚が隠され、ありとあらゆる工夫がなされているんです!
しかも、これ全て青年団の皆さまで改装されたそうな(>_<)
もぅ、細かなところに愛情が注がれ、発見するたびキュンとなるのですが、私がグッときたのは、トイレの鏡の位置が、男女で違うあたり!
男性の方は少々高く、女性は低めでよく見える位置にかかっているんです〜。

愛情たっぷりのアトリエ春風舎にて、早くも住人のように生活している私たち。
写真のお茶場には、本日、修さんが駅前のスーパーにて買ってくれた美味しいお菓子が仲間入り!
買い物カゴが妙に似合っていた修さん、すっかり小竹向原の住人と化しておりました。

そんな生活の匂いをプンプンさせて、ひっそりとアトリエにてお待ちしております!
さぁー明後日はいよいよ、舞台を立て込みますっ!

profile * 『雨と猫といくつかの嘘』 * 03:20 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ