<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

また会う日まで。

お星さまになった想い出も、いつの日か、希望の光に生まれ変わって、朝日のように昇るだろう。

この地上に生きる全ての人々に、愛の恵みが降り注ぎますように。

祈りながら、新年の新しい朝を待ちます。

ありがとう、さようなら、2018年。

ありがとう、さようなら。
ささやかで特別な日々。


profile * 小夏の呟き * 23:35 * comments(0) * trackbacks(0)

古い靴を捨てる

春も、夏も、ふりかえりたいけれど、まずは今日を見つめよう。
秋の日々を綴ろうと思う。
綴る、ということそのものを思い出しながら、ゆっくり言葉を探そうと思う。

夏から進めている引っ越しが、ついに佳境を迎えている。
16年暮らした部屋を旅立つのは、物理的にも心理的にも、簡単ではないようだ。
捨てようと思うもの全てに、20代と30代の思い出が時の重みと一緒に貼りついている。

靴箱から、捨てられずにいたサンダルが出てきた。
9僖辧璽襪痢▲妊縫狎乎呂廼篆Г離辧璽襪離汽鵐瀬襦
ダイアナという靴屋の作ったもので、歩きやすく、長持ちしたよいサンダルだった。

さすがに捨てようと思ったが、お別れにもう一度だけ履いてみた。

コツコツコツ・・。

夜のアパートの廊下を、ランウェイのように歩く。
あの頃毎日履いていた踵の高い靴とは、こんなにも視点の変わるものだったのか、と驚く。
大切なデートには必ず履いたな、衣裳で人にかしたりもしたな、と、靴音と共に、
埃を被った想い出がふわりと顔を出す。

私達はどれだけのことを忘れたことにして生きているのだろう。
引っ越し嫌いの私がついに引っ越しを決めたのは、様々な理由があるのだけれど、
この小さな部屋にはきっともう、見える想い出も、見えない想いでも、仕舞い切れない。
それが最大の理由ではないかという気がした。

サンダルは丈夫で、その気になればまだ歩けるような気もしたが、右の踵がぐらついている。
捨てる勇気の為に、家族に頼んでサンダルを写真に納め、ゴミ袋に入れた。

さよなら、私の青春。

ああ、こんな言葉を、何度も口にするなんてね。
オレンジ色のゴミ袋に、遠い日々の欠片を手放すたび、呟かずにいられない。

「8僖辧璽覦焚爾蓮△發呂箏い任呂覆ぁ」と心の底から信じていたあの日々。
今は、スニーカーばかりを履くようになった。
私の中の何が変わって、何が変わらずにあるのか。

本当の不惑を手に入れる日を目指して、ゆるやかな引っ越しの日々は続く。

profile * 小夏の呟き * 12:52 * - * trackbacks(0)

新春をふりかえる

立春も過ぎ、やっと春の足音がしてまいりました。

新春はいつもの通り横浜の実家で過ごし、三が日には初詣もしたはずなのに、実は今年の1月はノートや手帳になんども2017年と日付を書き込んでしまっておりました。

過ぎた1月は、自分の中でも大きな山場が続き、緊張感のあるひと月でした。
そのせいか、心持としては、なんだか2月になってようやく本当に年があけたような・・改めて、この2018年を噛み締めております。(写真は、正月に家族と見た夕陽です。)
あまりにものんびりしている気も致しますが、今は私にとってゆっくり歩むべき時期なのかもしれません。

七十二候では、立春を越えたこの時期を、東風解凍(はるかぜこおりをとく)と呼ぶそうです。
この七十二候(しちじゅうにこう)の季節の呼び名は、もともとは中国から入った文化が日本独自のものになったという歴史のせいか、漢字の表記と実際の音の違いが、なんだかとても愉快に感じて好きです。

春のはじまりに、泉のようにこんこんと湧き出る想いと向き合ってみれば、自分の気持ちや価値観を、そして原風景を、もう一度新鮮に見つめたいという、シンプルな気持ちでした。
好きと思えるもの、今本当に興味があるモノやコトに、勇気をもって真っすぐに向かえたらと思います。

はるかぜこおりをとく

さぁ、春よ来い。

profile * 小夏の呟き * 15:26 * comments(0) * trackbacks(0)

2017年を、ふりかえる。

大晦日の今夜、駆け足ながら一年をふりかえってみたいと思います。

●1月
6年目の、海城中学校演劇ワークショップ。 今まで継続してきたプログラム内容の、ひとつの達成と成就のようなものを感じた年でした。それもみんな、学生さん達の積極性のなせる技と、二人三脚してださる先生方のおかげです。積み重ねてゆく月日に、心から感謝。
『海の五線譜』が、北海道戯曲賞優秀賞を受賞。
そして、有吉宣人、佐渡那津季、が青☆組に入団!

●2月
劇団としては久々の、ワークショップ&オーディション。
素晴らしい出会いが沢山ありました。

劇団外では、世田谷パブリックシアターにて、世田パブ中学生演劇部のワークショップを担当させていただきました。れいちぇるがアシスタントについてくれて、心強かった。

●3月
北海道戯曲賞優秀賞の授賞式のため、北海道へ・・。
同じ月、劇団のみんなが受賞のお祝の席を用意してくれました。本当に嬉しかった。感謝。

●4月
青☆組の初夏公演に向けて、4つのプログラムを同時進行で稽古。
毎日目まぐるしかったけど、色々な挑戦が出来た刺激的な日々。本当に劇団員に支えてもらいました。

●5月・6月
5〜6月は、劇団化5周年☆* 記念公演 第二弾
vol.23『雨と猫といくつかの嘘』+『青色文庫 -其参、アンコール選集-』の公演とそのクローズ作業に没頭する日々でした・・。
燃え尽きる程に情熱を注いだお祭りでした。
初挑戦だった『あおぐみのうたLIVE♪』では出演までさせていただきました。
また、レパートリー作品である『幸福の王子』では、千秋楽で本当に演劇をやっていてよかった!! と思えるほど純度と完成度の高い回があり、深く感動しました。劇団でしかできない挑戦をこれからも続けたいと、気持ちが新たに。

●7月
目黒パーシモンホールで、中高生たちの夏休みワークショップ&発表会の講師をさせていただきました。
今年は、ロミオとジュリエットをやりました。10名以上の、それぞれのロミオと、それぞれのジュリエットの瑞々しさにパワーをもらった時間でした。

●8月
『グランパと赤い塔』執筆の日々。
そして、同時にプレ稽古もはじまりました。

●9月・10月
あまり記憶が無いのは、9〜10月、執筆との格闘と、各種の申請書の準備とで戦いの日々だったからでしょうか・・。
稽古もずんずん進んでゆきました。

●11月
劇団化5周年☆* 記念公演 第三弾
vol.24『グランパと赤い塔』公演月。
劇団化5周年記念公演の全てが、これで幕となりました。

●12月
公演後の残作業色々。
そしてなにより、来年に向けての日々。
あっという間に大晦日。

今年は、小さな山をいくつも登るというよりも、ぐっとお腹に力を入れて、大きな山の登頂を目指した、そんな一年でした。

沢山のご縁に感謝。
そして、新しい一年が実りあるものとなりますように・・。

profile * 小夏の呟き * 22:31 * comments(0) * trackbacks(0)

『グランパと赤い塔』を終えて


公演からもう一月以上がたち、2017年も終わろうとしています。

でも、今やっとこの公演を振り返ることが出来る気がしています。私にとって、そのくらい印象深い公演でした。
色々な思いが巡りすぎて、この節目となった公演のことは少しづつ言葉にしてゆくことになるかもしれません。

2年ぶりの新作として、自身の先祖をモデルにしたシリーズに取り組む中で、私は何度も、歴史の中を生き抜き、渡された命のバトンというものを感じたように思います。
戦争や災害を残りこえ、運ばれた命と命が縁あって巡り合うということ。
その先に、私の今の日々もあるのだと思えば、どんなに情けない日も、曇りの日も、雨の日も、その日の空を真っすぐ見つめて、朝が来た奇跡に感謝してゆける。
作者である私自身が、そんな勇気をもらった公演でした。
そう思わせてくれた作品と、座組のメンバーでした。

そして、モデルとなった私の実の祖母や、出演者達のご両親、出演者達のおばあさまにも足を運んでいただけことも、忘れられません。
作品の舞台となった昭和33年に、実際に日々を暮らしていた方達に多数ご来場いただき、温かいご感想をいただけたことは、なにものにも代えがたい出来事でした。

この場をおかりして、改めて、この作品に関わってくださった全ての方に、曽祖父母と祖父母に、心からのありがとうを伝えたいです。
またいつの日か、この作品を通して沢山の方と出会えますように・・。
再会を信じて、感謝と共に、この物語の表紙をとじたいと思います。


profile * 小夏の呟き * 19:42 * comments(0) * trackbacks(0)

朝を迎える

今朝、目覚めたときふと、思った。
いつの日か、目覚めない朝が必ず来るのだと。

眠りから朝を迎えることの不思議さを、そのまま数秒考えた。
なぜそんなことを想ったのだろう。
朝が来ない日が来るのなんて、うんと未来のことだと思って生きてきた。
だけどこの頃は、いつ誰に何がおこってもおかしくはないなと思う。
そう思うのは、年齢のせいなのか、時代のせいなのか。

死を、新しい世界での目覚めだと思うと、少しだけ愉快になる。
天国はやはりお花畑なのだろうか。
極楽浄土は白檀のような香りに満ちている気がする。
三途の川の岸辺は、霧が濃く立ち込めているに違いない。凄く天気が悪そうだ。
目が覚めた、と思った時、蓮の花が揺れるのが見えたり、鬼がギロリとこちらの顔を覗いていたり・・。
そうしたらそれはもう、朝ではないのだろう。

自分の場合は、子供の頃を一緒に過ごした柴犬が、顔を覗き込んでくれる気がする。
そう思うとなにやら少しも淋しくないな。

かつては夜が一番の友だった。
朝は苦手な時間だった。
今は夜がさほど得意ではなくなってしまい、昔より朝と仲良くなった気もするのだが、本当のことを言えば、夕暮れ時が一番好きだ。
朝へのコンプレックスは低血圧のせいではなく、どこか堅気ではない人生を進んでいる自分へのささやかな引け目なのかもしれない。
でも、朝を失う日が来るまでは、少しでも朝が楽しめたらいいなと思う。

わたしは、明日も、目覚めたい。
そう思える今日に、感謝。
profile * 小夏の呟き * 17:40 * comments(0) * trackbacks(0)

銀を磨く

抽斗を整理していたら、昔、妹から贈られた銀のネックレスが出てきた。

彼女が高校時代にアメリカ留学していた時に現地から送ってくれたプレゼントで、だから、かれこれ20年以上も前のものになる。
銀は、20代の頃に好んで着けていたけれど、しばらく着けていなかった。
月日が経ち、金の方が顔色が良く見えると思うようになったのだ。

この夏は、不思議とまた銀に心惹かれていたところだったので、まるであちらから「お久しぶり!」と出てきてくれたように思えた。
静かに時間を重ねたことで、銀はすっかり黒くなり、いわゆるいぶし銀の色になっていた。思い立って、銀磨きの布で、夜更けに磨いた。

磨きながらふと、何かの小説で、眠れない夜は銀食器を磨くとよい、というくだりがあったことを思い出した。
いや、実際に物語の主人公である女主人が、眠れぬ嵐の夜に、嫁入り道具の銀食器をひとり黙々と磨くのだったろうか・・。
物語の題名は思い出せない。
薄青い夜更けの居間で、女がひとりぼっちで銀の茶器や匙を磨いている風景だけは、なぜか目の奥に残っている。
物語の中の風景というのは、実際に見たものでもないのに、なぜこんなに鮮やかに残るのだろうか。

銀の匙をくわえて生まれて来る、という言い回しがある。
人生の幸福をつかむ赤ん坊の象徴として。
裕福な生まれつきの赤ん坊という意味もあるらしい。
あの物語の女主人の、本当の幸福はなんだったのだろう。
少なくとも、夜更けにひとりきりで銀を磨くことではなかったように思う。
眠れぬ夜は、自分にとっての本当の幸福の意味を、自分に問いかけてしまう。

想いを巡らせているうちに、ネックレスはだいぶ輝きを取り戻した。
家族からもらったものなので、お守りにしようと思い、光を取り戻したチェーンに、青いマリア様のメダイをつけた。
なんとなく、そのまましまうのが淋しくなり、銀のネックレスを身に着けたまま布団に入り、眠った。

41才になった、最初の晩のことである。



profile * 小夏の呟き * 00:55 * comments(0) * trackbacks(0)

一年前の今日

一年前の今日は、特別な一日だった。

そしてその夜は、幸せな夜だった。
夜空の下の、風も、月も、青く咲いていた花も、生涯忘れることはないだろう。

一年が経ち、今年の今日も、幸せな夜だった。
それがどんなに特別なことかを、今夜知った気がする。

特別でないようなふりをして、日々は重なってゆく。
目にハッキリと映るのは今だけだから、過ぎた過ちのことや、神のみぞ知る未来のことを想い不安になることもあるけれど、毎年この夜は、過去と未来を素直に愛しく思えるから好きだ。

晴れた七夕の夜空を見上げていると、どこからか茉莉花の香りがする。

昔、父がくれた詩集に出てきた花。
詩集の裏表紙には、夏に生まれるわが子への想いを綴った、父の走り書きが残っている。

私が生まれる前の、父の筆跡だ。

来年の七夕も、微笑みながら生きていたい。
あの走り書きのへの、返信の代わりに。
profile * 小夏の呟き * 23:36 * comments(0) * trackbacks(0)

日々を見つめて



すっかり、春。
今通っている稽古場は、のどかな住宅街の中にあり、道すがら目にする草木や花に大変癒されています。

もう、すっかり春。
この日記も、本当に久しぶりの更新となってしまいました。
振り返りたくなる素敵な出来事や書きとめたいニュースが沢山ありました。
時間差ながらも、ゆっくり綴ってゆければと思います。
でも、書き留めるにはあまりにも一瞬の出来事や、何気ないささいなやりとりが、今一番胸に沁みるようにも思います。
毎日稽古場に通えるありがたさを、この日々を、一歩づつ丁寧に進みたいと思います。

写真はある日の休憩時間の組員達。
今日も、夕焼けが綺麗です。

☆---------------------------------------------------------------------☆
青☆組 vol.23 劇団化5周年記念公演第二弾 
『雨と猫といくつかの嘘』+『青色文庫-其参、アンコール選集-』

作・構成・演出 吉田小夏
2017年5月23日(火)- 6月4日(日)@アトリエ春風舎
●詳細はこちら
●ご予約はこちら
☆---------------------------------------------------------------------☆
profile * 小夏の呟き * 22:24 * comments(0) * trackbacks(0)

夕焼け

お正月の思い出。

新年最初の夕焼けを見た場所は、懐かしい公園でした。
1月1日は今年も晴れで、日の入りは赤く美しかった。
遠くの富士山に積もる雪が、薄紅に染まっていました。

元旦はいつも、近所の公園に富士山を見に行くのです。
子供の頃から通ったその公園には、今年も妹がいて、久しぶりに父もいて、母が家で待っているのも、いつもの通り。
だけど今年は、もうひとり。
妹の夫が、同じ夕陽を見ていました。

お正月に姉妹で公園に富士山を見にゆく習慣は、いつからはじめたのだったろう?
当たり前になりすぎてしまって、思い出せません。
今年は家族が増えたことで、いつから富士を見ていたのだろう?と初めて思った。

はじまりが思い出せないくらい当たり前になってしまう、そのことの幸せを、これからも忘れずにいられますように。

一歩づつ、1月を歩んでおります。

profile * 小夏の呟き * 20:55 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ